野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、1安打12Kの快投に指揮官も絶賛 ノーノー逃すも「支配的だった」

前田健太、1安打12Kの快投に指揮官も絶賛 ノーノー逃すも「支配的だった」

ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発登板し、9回途中1安打1失点12奪三振と好投した。8回までノーヒットに封じる快投を展開したが、9回の先頭打者に安打を許して史上初の日米双方でのノーヒットノーランは逃したが、快投にツインズのロッコ・バルデリ監督も「彼は支配的だった」と惜しみない賛辞を送った。

本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】
本拠地でのブルワーズ戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】

「彼はできる限り全てのことをやった」とバルデリ監督

■ツインズ 4-3 ブルワーズ(日本時間19日・ミネソタ)

【動画】ツインズ前田健太が球団新記録の8連続奪三振! 衝撃の奪三振ショーの映像

 ツインズの前田健太投手は18日(日本時間19日)、本拠地ブルワーズ戦に先発登板し、9回途中1安打1失点12奪三振と好投した。8回までノーヒットに封じる快投を展開したが、9回の先頭打者に安打を許して史上初の日米双方でのノーヒットノーランは逃したが、快投にツインズのロッコ・バルデリ監督も「彼は支配的だった」と惜しみない賛辞を送った。

 前田は初回、1死からイエリッチに四球を与えたものの、無失点の立ち上がり。2回から7回までは6イニング連続で3者凡退に仕留め、3回1死から5回を終えるまで、ツインズの球団新記録となる8者連続三振を奪った。初回1死から8回1死まで21者連続アウトとし、驚異的なピッチングを展開した。

 9回先頭のソガードに詰まった当たりで中前安打を許して、ノーヒットノーランの快挙達成はならず。ここで前田はマウンドを降板となったが、8回0/3を投げて1安打2四球、12三振を奪う好投だった。

 リリーフ陣が同点に追いつかれて4勝目こそ逃したが、チームはサヨナラ勝ちで3連勝を収めた。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」はバルデリ監督のコメントを伝え、勝利を手にした指揮官は「私がこれまで観た野球の投球の中で、最も素晴らしい試合の1つだった。マエダは先週対戦したばかりの良い打者が揃ったチームを相手にした。彼は支配的だった。彼はできる限り全てのことをやった。彼は完全にコントロールしていた」と右腕を絶賛した。

 8回を終えた段階で前田の球数は113球を超えていたが、指揮官は右腕を続投させた。MLB公式サイトのツインズ番パク・ドヒョン記者は自身のツイッターで指揮官のコメントを紹介。結果的には快挙達成とはならなかったが、この球数について指揮官は「2つ前の先発のとき、彼は出て行ったときに『まだいけます』と言っていた。『100球投げられます』もしくは『120』とまで言っていたかもしれない。私はたぶん呆れた表情をして笑い、彼の背中を叩いて『よくやった』と言っていた。でもこの通りだよ」と明かし、100球を超えても投げ続けた右腕の力投に目を細めていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」