野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、36回連続無得点で巨人に屈辱3戦連続完封負け 巨人は30勝12球団1番乗り

巨人は20日、本拠地・東京ドームで阪神と対戦し、2-0で競り勝ち同一カード3連勝とした。6回に坂本の犠飛で1点を先制すると、先発の戸郷ら投手陣が阪神打線に得点を許さず。3試合連続の完封勝利で、12球団30勝1番乗りし貯金を今季最多の13とした。

阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】
阪神・矢野燿大監督【写真:津高良和】

3戦連続完封勝利の巨人は今季最多の貯金13に

■巨人 2-0 阪神(20日・東京ドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 巨人は20日、本拠地・東京ドームで阪神と対戦し、2-0で競り勝ち同一カード3連勝とした。6回に坂本の犠飛で1点を先制すると、先発の戸郷ら投手陣が阪神打線に得点を許さず。3試合連続の完封勝利で、12球団30勝1番乗りし貯金を今季最多の13とした。

 戸郷と阪神・青柳の息詰まる投手戦となったこの試合。巨人は6回、この日1軍昇格即スタメンで起用された重信が三塁打を放って出塁すると、続く坂本が中犠飛を放って1点を先制。8回には坂本が適時二塁打を放って1点を加えた。

 戸郷は7回途中まで阪神打線をわずか3安打、11三振を奪う力投で6勝目。7回2死一、三塁で降板となったが、代わった高梨が窮地を脱して13試合連続無失点に。8回からは中川、デラロサの勝利の方程式が阪神に反撃を許さずに、3試合連続の完封勝利を締めくくった。

 阪神は痛恨の3タテを食らい、敵地・東京ドームでは今季6戦全敗に。7回にサンズの四球、大山の右前安打で1死一、三塁のチャンスを作ったが、梅野が三ゴロ。代打の福留が四球を選んで満塁となったが、中谷が見逃し三振に倒れて好機を逸した。3連続完封負けで、8月16日の広島戦の2回から36イニング連続無失点となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」