野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位狙う楽天、好調の要因は? 元コーチが探る投打の鍵と三木監督の“非常識力”

異例尽くめでスタートした2020年のプロ野球も3分の1を消化。前半戦を振り返り、侍ジャパンなど多くのプロ野球チームでコーチを努めた名コーチ・橋上秀樹さんに話を聞いた。

楽天などでコーチを務めた橋上秀樹氏【画像:パ・リーグ インサイト】
楽天などでコーチを務めた橋上秀樹氏【画像:パ・リーグ インサイト】

則本昂、岸、松井が本調子ではなく「思ったより投手陣は良くない」

 異例尽くめでスタートした2020年のプロ野球も3分の1を消化。前半戦を振り返り、侍ジャパンなど多くのプロ野球チームでコーチを努めた名コーチ・橋上秀樹さんに話を聞いた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 橋上さんは現役時代をスワローズなどで過ごし、引退後は楽天(2005~2009年、2015年)をはじめ、巨人、西武、ヤクルト、さらには日本代表でコーチを務めた。データを活用し、野村克也監督や原辰徳監督、辻発彦監督を支えた名参謀だ。そんな橋上さんが感じた、楽天が今シーズン好調の理由とはどこにあるのだろうか?(取材は8月4日)

――当初の開幕前、橋上さんは楽天をパ・リーグの優勝予想にあげていました。現在(8月4日)の状況をどう見ていますか?
「思ったより、ピッチャー陣が良くないですね。3月開幕を予定していた段階では、もっとピッチャーがしっかりしていると想定していました。則本昂、岸、松井といった投手陣の柱にならないといけない3人が機能していない。則本昂は貯金ができていないし、岸と松井に関してはローテーションとしてはまっていない。しっかり仕事をしているのが涌井と塩見、弓削くらい。僕のなかでは4番手、5番手くらいに考えていたピッチャーが頑張っていますよね。主軸ピッチャー不在のなかで1、2位をキープしているのは、チームとして力があるなと思います」

――橋上さんが楽天コーチだった2015年に、松井投手は先発からクローザーへ配置転換しました。今年から再度先発に挑戦しています。
「本人としては十分に準備をして開幕を迎えているはずですけど、オープン戦の段階から調子が上がってきていなく、調整不足と感じましたね。クローザーと先発ではまるっきり違いますから、調整がうまくいかなかったのかなと思います。だけど、先発としてやってもらわないといけない選手ですからね」

――今シーズンは森原康平投手が抑えを任せられていましたが、救援失敗もあり、現在はアラン・ブセニッツ投手がクローザーに。
「僕はブセニッツの方が後ろの適性があると思っていましたけど、首脳陣は森原に託していましたね。これは球団内で彼の適正を認められて、後ろを任された訳ですから。比較的ちゃんとやっていたと思いますけど、森原にしても後ろの経験がない。なので、1、2回つまずいた時の首脳陣の我慢というか評価というのは、長年クローザーとして実績を残した選手に比べると、早めの配置展開ということはあるでしょうね」

――優勝を目指す上で投手のキーマンは誰でしょうか?
「則本昂、岸、松井、この3人が本来のピッチングを取り戻して貯金を作っていかないといけないですね。今は4番手以降のピッチャーが頑張っていますが、1年間を通してとなると、なかなか厳しいです。今年は変則日程ということで投手陣が重要です。打線が好調なだけに、楽天が持っている本来の投手力をしっかり出せればもっと貯金ができるので、期待したいですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」