野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、“大誤審”に泣き今季2敗目 地元TV局は呆れ顔「三振が先制二塁打に」

菊池雄星、“大誤審”に泣き今季2敗目 地元TV局は呆れ顔「三振が先制二塁打に」

マリナーズの菊池雄星投手は20日(日本時間21日)、今季初勝利をかけて本拠地のドジャース戦で先発登板した。サイ・ヤング賞3度の左腕カーショーとの投げ合いだったが、4回2/3を投げて4四球5奪三振、4安打5失点。防御率6.30。チームは1-6で敗れ、今季2敗目を喫した。

本拠地でのドジャース戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星(右)【写真:AP】
本拠地でのドジャース戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星(右)【写真:AP】

空振り三振のはずがファウル判定→先制二塁打→捕手がストライクゾーン直球を捕逸

■ドジャース 6-1 マリナーズ(日本時間21日・シアトル)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 マリナーズの菊池雄星投手は20日(日本時間21日)、今季初勝利をかけて本拠地のドジャース戦で先発登板した。サイ・ヤング賞3度の左腕カーショーとの投げ合いだったが、4回2/3を投げて4四球5奪三振、4安打5失点。防御率6.30。チームは1-6で敗れ、今季2敗目を喫した。

 疑惑の判定に泣かされた。3回1死一、二塁。ビーティーを迎えた場面だ。カウント2ボール2ストライクからの7球目。外角低めへ決まるスライダーで空振り三振に仕留めたかに見えたが、これがファウルと判定された。地元放送局「ルートスポーツ・シアトル」の実況デーブ・シムズ氏、マリナーズOBで1999年に阪神でプレーした解説のマイク・ブロワーズ氏も、“ご立腹”だった。リプレー映像を流して、こう伝えた。

実況「空振りです。(主審の)エイドリアン・ジョンソンはファールだと言っています」

解説「ファールだと言っていますね。これは当たっているとは思えません」

実況「三振を奪うしかありません。安打は恐らく許さないでしょうけど。(打たれたら)フリーパスですよ」

 続く甘く入ったカットボールを捉えられて先制の右翼線二塁打になった。

実況「というわけで、こうなることは分かっていました。ライン際への打球、フェアゾーンに残ります。フェンスを超えて、自動的に二塁打です。皆さん、ご自宅で皆さんが喋っていることとと、私たち(実況と解説)が考えていることは同じです。放送中は私たちの口からは言えませんけどね」

解説「三振の代わりに二塁打になりました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」