野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ中日柳はプロ初3被弾した? 元コーチが指摘「足を上げた瞬間カーブだと…」

中日は20日、敵地の神宮球場でヤクルトに3-7で逆転負けを喫し、連勝は4でストップした。先発の柳裕也投手がプロ4年目で初の1試合3本塁打を浴び、5回途中4失点(自責点2)で今季3敗目。元オリックス監督で、柳が入団した2017年から2シーズン中日でコーチを務めた森脇浩司氏は、ダメ押しにもつながる3発目を許した「失投」を指摘する。

中日・柳裕也【写真:荒川祐史】
中日・柳裕也【写真:荒川祐史】

中日の連勝は4でストップ、一夜でBクラスに転落

■ヤクルト 7-3 中日(20日・神宮)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 中日は20日、敵地の神宮球場でヤクルトに3-7で逆転負けを喫し、連勝は4でストップした。先発の柳裕也投手がプロ4年目で初の1試合3本塁打を浴び、5回途中4失点(自責点2)で今季3敗目。元オリックス監督で、柳が入団した2017年から2シーズン中日でコーチを務めた森脇浩司氏は、ダメ押しにもつながる3発目を許した「失投」を指摘する。

 立ち上がりから毎回走者を背負う投球が続いていた柳。それでも森脇氏は「ストレートにはキレがあって、変化球もある程度コントロールされていた。打席でも4回に自ら2点目となるタイムリーを放ち、気迫十分だと感じていた」という。丁寧に内外角を使いながら、カットボールやシンカーで打者の的を絞らせない組み立てだとみていた。

 ただ、2点リードの4回に野手の失策で走者を一塁に背負い、1番・坂口智隆外野手に同点2ランを被弾。直後の5回には先頭の3番・青木宣親外野手に勝ち越しを許すソロを浴び、さらに1死を奪ってから5番・西浦直亨内野手に初球のカーブを左翼スタンドに運ばれた。プロ初の1試合3被弾。この3発目に対し森脇氏は「もったいない」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」