野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ村上宗隆は「ミスショットが激減」したのか? 専門家が見る進化の要因とは…

ヤクルトは21日、本拠地・神宮球場で行われた阪神戦に4-7で敗れた。敗戦の中で気を吐いたのが、3年目・20歳の4番、村上宗隆内野手だった。村上は9号ソロを含む4打数2安打1打点。打率.333はDeNA・佐野に次いでリーグ2位で、打点もトップの岡本にわずか1差の44を稼いでいる。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

三井氏が感じる進化「去年と比べて格段にレベルアップしている」

■阪神 7-4 ヤクルト(21日・神宮)

 ヤクルトは21日、本拠地・神宮球場で行われた阪神戦に4-7で敗れた。敗戦の中で気を吐いたのが、3年目・20歳の4番、村上宗隆内野手だった。村上は9号ソロを含む4打数2安打1打点。打率.333はDeNA・佐野に次いでリーグ2位で、打点もトップの岡本にわずか1差の44を稼いでいる。

「1番驚いたのは、3回先頭で迎えた第2打席のセンター前ですよ」と語るのは、巨人で22年間にわたってスコアラーを務めた経験のある三井康浩氏だ。初球の外角寄り151キロ速球をジャストミートし、投手の藤浪がとっさに避けたほどの強烈なピッチャー返しを見舞った一打に、三井氏は「一振りで仕留めたのがすごい。去年と比べて格段にレベルアップしているのは明らか。ミスショットが激減している」と村上の進化を感じ取った。

 5回の第3打席ではやはり藤浪に対し、カウント0-1から2球目の外角カットボールを、逆方向(左翼席)へ運んで9号ソロ。三井氏は「前の打席でストレートを打ったので、今度は変化球で攻めてくると読んでいたのでしょう。初球のストレートには見向きもしませんでしたから。コースも、制球に不安のある藤浪なら内角にはまず来ないとみて、外に目付けをしていた。そういう読みが深くなっています」と読み解いた。

 昨季は36本塁打を量産して新人王を獲得した村上だが、打率は規定打席に到達した選手で最下位の.231だった。セ・リーグ新記録の184三振を喫するなど荒さが目立っていたが、今季はここまで打率.333と進化を伺わせる。いったい、なぜ、これほど確実性がアップしたのだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」