野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武内海、732日ぶり白星ならず 史上56人目の1500奪三振も、移籍後初先発は6回4失点

西武の内海哲也投手が22日、京セラドームで行われたオリックス戦で移籍後初先発し、6回3安打4失点で降板した。4回に自らの失策でピンチを広げ、先制3ランを被弾。リードを許して降板となり、巨人時代の2018年8月21日のDeNA戦以来、732日ぶりの白星はならなかった。

先発した西武・内海哲也【画像:パーソル パ・リーグTV】
先発した西武・内海哲也【画像:パーソル パ・リーグTV】

自らの悪送球でピンチを拡大し先制の3ランを被弾

■オリックス – 西武(22日・京セラドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の内海哲也投手が22日、京セラドームで行われたオリックス戦で移籍後初先発し、6回3安打4失点で降板した。4回に自らの失策でピンチを広げ、先制3ランを被弾。リードを許して降板となり、巨人時代の2018年8月21日のDeNA戦以来、732日ぶりの白星はならなかった。

 3回までに許した走者は死球での1人だけ。無安打と抜群の立ち上がりを見せた内海だったが、4回に痛い一発を浴びた。1死一塁で中川を投ゴロに打ち取ったが、併殺を狙った二塁への送球が逸れて悪送球に。1死一、三塁とピンチが拡大すると、続くジョーンズに3ラン。6回には再びジョーンズに2打席連発となるソロを被弾して4点目を献上した。

 6回2死から杉本を見逃し三振に仕留めて、史上56人目の通算1500奪三振を達成した内海。6回を投げて3安打4失点の投球内容。2年ぶりの先発として十分な投球内容と言えたが、西武は7回表の攻撃を終えてリードを許す展開となっており、内海は久々の白星とはならなかった。 

 長年、巨人のエースとして活躍した2018年オフに炭谷銀仁朗捕手のFA移籍で人的保障として西武に移籍。満を持して2019年シーズンを挑む覚悟だったが相次ぐ故障で自身初の1軍登板なし。オフには左前腕の手術を受け今季も開幕1軍を逃していた。今季2軍では6試合に登板し3勝2敗、防御率5.58。9日のイースタン・リーグ対ヤクルト戦では6回4安打1失点で3勝目を挙げ、1軍昇格となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」