野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最下位広島の逆襲はここから? 専門家が解説する巨人戦3連勝を可能にした岡本封じ

セ・リーグ最下位を低迷している広島が23日、本拠地・マツダスタジアムで行われた巨人戦に2-1で競り勝ち、首位のチームを相手に今季初の同一カード3連勝。勝因の1つは、本塁打王争いで独走中の岡本を、ほぼ完璧に抑え込んだことだ。かつて巨人のチーフスコアラーなどを歴任し、他球団を分析してきた三井康浩氏がこの3連戦の勝負のポイントを紐解いた。

広島・遠藤淳志【写真:荒川祐史】
広島・遠藤淳志【写真:荒川祐史】

巨人で長年スコアラーとしてセ・リーグを分析してきた三井康浩氏

■広島 2-1 巨人(23日・マツダスタジアム)

 セ・リーグ最下位を低迷している広島が23日、本拠地・マツダスタジアムで行われた巨人戦に2-1で競り勝ち、首位のチームを相手に今季初の同一カード3連勝。勝因の1つは、本塁打王争いで独走中の岡本を、ほぼ完璧に抑え込んだことだ。かつて巨人のチーフスコアラーなどを歴任し、他球団を分析してきた三井康浩氏がこの3連戦の勝負のポイントを紐解いた。

 広島の先発はプロ3年目・21歳にして、今季2勝2敗、防御率3点台と安定している遠藤。この日は岡本を、1回1死一、三塁の先制機で打席に迎えたが、初球の116キロのカーブを打たせて二飛に仕留め、犠飛さえ許さなかった。3回2死二塁の第2打席も、カウント2-1からカーブで泳がせ、当たり損ないの一ゴロ。6回先頭での第3打席も、三たびカーブを打たせて二ゴロに切って取った。遠藤は白星こそ付かなかったが、7回120球を投げ、坂本の適時二塁打による1失点に抑える粘投。8回の坂倉の代打決勝ソロにつなげ、勝利の原動力となった。

 岡本は18本塁打を量産し広島・鈴木誠に5本差をつけてセ・リーグ断トツ。45打点もヤクルト・村上と並びリーグトップに立っている。三井氏は「成長著しい岡本だが、緩急をつけられるとまだしんどいところがある。その点、この日の遠藤は140キロの速球を見せておいて、110キロ台のカーブ勝負が有効だった」と指摘。一方で「ああいう攻めができたのも、遠藤にいいカーブがあったからこそ。ストレートと球速差の小さいスライダーであれば、岡本がとらえていた可能性が高い」とも付け加えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」