野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 筒香嘉智
  • 筒香嘉智は「直球に対応できないはずが…」 元WBC米国監督が“内角撃ち弾”を評価

筒香嘉智は「直球に対応できないはずが…」 元WBC米国監督が“内角撃ち弾”を評価

レイズの筒香嘉智外野手が24日(日本時間25日)、本拠地のブルージェイズ戦に「5番・指名打者」でスタメン出場。2回の第1打席目で先取点となる4号ソロを放った。さらに3四球を選んで全打席で出塁したものの、チームは4-6で敗れた。

ブルージェイズ戦で4号ソロを放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】
ブルージェイズ戦で4号ソロを放ったレイズ・筒香嘉智【写真:AP】

今季の4本塁打のうち3発はブルージェイズ戦

■Bジェイズ 6-4 レイズ(日本時間25日・タンパ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 レイズの筒香嘉智外野手が24日(日本時間25日)、本拠地のブルージェイズ戦に「5番・指名打者」でスタメン出場。2回の第1打席目で先取点となる4号ソロを放った。さらに3四球を選んで全打席で出塁したものの、チームは4-6で敗れた。

 内角打ちだった。2回1死、通算76勝ロアークの91マイル(約146キロ)フォーシームを引っ張った。右翼ポール際に飛び込む4号ソロ。ベンチ前では同僚と“お辞儀パフォーマンス”を披露して、ハイタッチで出迎えられた。この一発で連続打席無安打を14でストップした。

 地元、敵地放送局ともに筒香の内角直球撃ちに注目した。地元放送局「FOXスポーツ・サン」は実況ドウェイン・スターツ氏が「ツツゴウ4号です! レイズが先制点です!」と切り出すと、通算82勝の解説ブライアン・アンダーソン氏は直球撃ちを評価した。

「ツツゴウがかっ飛ばしました。しっかり捉えましたね。ロアークは少なくとも現在の基準では球が速いわけではありませんが」

 敵地放送局「スポーツネット・カナダ」の解説はブルージェイズ元監督で、第1回WBCで米国代表を指揮したバック・マルティネス氏だった。「今季4本目、そのうち3本がブルージェイズ戦です。ツツゴウは直球に上手く対応できていません。フォーシームを捉えました。ロアークにはツツゴウが問題を抱えている球速がありませんからね」と目を細めた。

 チームは30試合を消化し、筒香は24試合出場、打率.178、4本塁打、15打点となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」