野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2番起用あわや大失敗… サヨナラ打のDeNA大和にラミレス監督「信じていた」

DeNAは25日、横浜スタジアムで行われた広島戦に5-4でサヨナラ勝ちし、連敗を3で止めた。序盤のリードをリリーフ陣が守れず、追いつかれる展開で試合を決めたのは、負ければ“戦犯“になりかねない選手の一打だった。

DeNA・大和【写真:荒川祐史】
DeNA・大和【写真:荒川祐史】

1、2打席目は併殺打、3、4打席目は得点圏で三振も、5打席目はサヨナラ打

■DeNA 5-4 広島(25日・横浜)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 DeNA戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは25日、横浜スタジアムで行われた広島戦に5-4でサヨナラ勝ちし、連敗を3で止めた。序盤のリードをリリーフ陣が守れず、追いつかれる展開で試合を決めたのは、負ければ“戦犯“になりかねない選手の一打だった。

 ラミレス監督は、先週末の中日3連戦で1点しか奪えなかった打線を組み替えた。大和を今季初めて2番に入れ、5番に宮崎、6番に神里を起用、ロペスは7番に下がった。指揮官は「大和は右投手に対していい結果を残しているし、横浜スタジアムでの数字もいい。1番の梶谷が出塁して、2番が大和ならなんでもできる。いかに早く序盤に点を取れるか、ということを考えた」と、その意図を説明した。

 そんな指揮官の思惑通り、梶谷は1打席目から4打席連続安打を記録したが、肝心の大和が機能せず。無死一塁の場面での1、2打席目は併殺打。得点圏に走者を置いた3、4打席目はいずれも三振に倒れて、広島を突き放すチャンスを逸した。

 そして、同点で迎えた9回に第5打席が巡ってきた。2死二塁のサヨナラのチャンスで梶谷は申告敬遠。一、二塁となった直後の一打だった。広島5番手の塹江の初球を振り抜いた打球は、極端な前進守備を敷いていたセンターの頭上を超えるサヨナラ打となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」