野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

5位低迷で霞む3連覇への道… 西武・辻監督を悩ませる“ポスト秋山問題”

西武は25日、本拠地・メットライフドームで行われた日本ハム戦に3-4で競り負け、今季2度目の4連敗を喫した。リーグ3連覇を狙う獅子は120試合制に短縮された今季、55試合を消化して借金7を抱え5位を低迷。4位・日本ハムに4.5ゲーム差、首位・ソフトバンクには8ゲームの大差をつけられる苦境だ。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ、辻発彦監督、金子侑司(左から)【写真:荒川祐史】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ、辻発彦監督、金子侑司(左から)【写真:荒川祐史】

22歳・鈴木は18試合連続1番スタメンも1番での打率.222

 西武は25日、本拠地・メットライフドームで行われた日本ハム戦に3-4で競り負け、今季2度目の4連敗を喫した。リーグ3連覇を狙う獅子は120試合制に短縮された今季、55試合を消化して借金7を抱え5位を低迷。4位・日本ハムに4.5ゲーム差、首位・ソフトバンクには8ゲームの大差をつけられる苦境だ。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 長年1番打者として機能していた秋山翔吾外野手が、今季から米大リーグ・レッズに移籍。その後釜が今季のポイントとなることは、誰もが予想していた。辻発彦監督も「どう考えても、そこが鍵」と断言していたが、案の定、1番を固定できないことが低迷の要因になっているようだ。今季1番を務めたのは、コーリー・スパンジェンバーグ外野手、鈴木将平外野手、外崎修汰内野手、高木渉外野手、木村文紀外野手の5人に上る。

 もともと、開幕前にリードオフマン候補として最も期待が高かったのは、盗塁王に2度輝いているスイッチヒッターの金子侑司外野手だった。しかし、開幕前の練習試合で34打数5安打、打率.147の不振。開幕1番には、練習試合で打率.481、4本塁打と爆発した新外国人スパンジェンバーグが座った。

 しかし、助っ人は1番を務めた22試合で99打数24安打、打率.242と物足りない。代わって台頭したのが、プロ4年目・22歳の鈴木だった。7月10日からは18試合連続で1番スタメン。当初は3割5分を超える打率をマークするなど日の出の勢いだったが、本人が「秋山さんの後釜だとか、そんなにすぐにうまくいくとは思っていない」と話した通り、徐々に相手に研究され壁にぶつかった。現時点で1番に入った23試合の成績は、99打数24安打、打率.222に過ぎない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」