野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“杉谷いじり”有観客で初炸裂 「オーラが見えにくく…」にファン爆笑

プロ野球ファンの秘かな楽しみ、“杉谷イジリ”が久々に炸裂した。26日にメットライフドームで行われた西武対日本ハム戦の試合前。日本ハムの杉谷拳士内野手がフリー打撃を開始すると、場内アナウンス担当の鈴木あずささんが異例のロングバージョンで話しかけた。

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】
日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

26日の試合で鈴木あずささんによる「杉谷いじり」が炸裂

■日本ハム 8-5 西武(26日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 プロ野球ファンの秘かな楽しみ、“杉谷イジリ”が久々に炸裂した。26日にメットライフドームで行われた西武対日本ハム戦の試合前。日本ハムの杉谷拳士内野手がフリー打撃を開始すると、場内アナウンス担当の鈴木あずささんが異例のロングバージョンで話しかけた。

「ただ今バッティング練習を行っておりますのは、いまや見ない日なんかありません。今シーズン、メディアの注目度ナンバーワンのファイターズ杉谷拳士選手です」

 確かに杉谷は最近、シーズンオフのバラエティ番組の常連となっている他、そのユーモラスな一挙手一投足を「パーソル パ・リーグTV」などに頻繁に取り上げられている。

 鈴木さんは観客へ向けて「打球の行方にはくれぐれもお気を付けの上、映像では感じられないノーカット、ノー編集、いつでもなぜかドラマチックな杉谷選手のリアルを、どうぞみなさまご自身のお席でご堪能ください」と続けると、上限5000人の入場制限の中でスタンドに駆け付けたファンから大きな拍手が沸き起こった。

 鈴木さんによる“杉谷イジリ”は2014年10月に始まり、いまやメットライフドーム名物の1つ。今季から球場のリニューアルに伴い、放送ブースがグラウンドレベルからネット裏観客席最上段へ遠ざかったとあって「杉谷選手、おそらく放送室とのディスタンスが原因で、ただ今オーラが見えにくくなっております。どうぞご承知おきください」と笑わせる一幕もあった。

 今季の杉谷イジリは無観客で行われた6月19日の開幕戦の試合前に「前向き、元気。変わらないって素晴らしいって、気がしています。杉谷選手、今年もよろしくお願いします」と呼びかけて以来、2か月ぶり。有観客では初めてだった。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」