「どうやったらこの球がストライクに…」大谷翔平への1球にファンの不満爆発

Wヘッダー第2戦の第4打席での三振判定に思わず苦笑いのエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
Wヘッダー第2戦の第4打席での三振判定に思わず苦笑いのエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

外角低めの“ボール球”をストライクと判定され見逃し三振に倒れた大谷翔平

■エンゼルス 12-5 アストロズ(ダブルヘッダー2試合目・日本時間26日・ヒューストン)

 25日(日本時間26日)に行われたエンゼルスとアストロズのダブルヘッダー。その2試合目で大谷翔平投手が“疑惑の判定”に見舞われた。ストライクゾーンを外れたように見えるボールがストライクと判定されて見逃し三振に。激昂したジョー・マドン監督が球審に抗議し退場処分を食らった。

 4点リードの6回無死一、二塁の場面。フルカウントから左腕タイラーが投じた93.9マイル(約151.1キロ)は外角低めへ。中継映像に表示されるストライクゾーンから外れており、ボール球かと思われたが、球審の判定はストライク。この1球で大谷は見逃し三振に倒れた。

 マドン監督はこの判定を不服とし、三塁ベンチ前で声を荒げた。球審は即刻、退場を宣告。怒りの収まらない指揮官はベンチを飛び出して抗議を続けた。この1球には、当然のごとく、ファンの不満が噴出。球審への批判の声が数多く上がった。

 MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー氏のツイッターにはファンから「ゴミみたいな判定」と怒りのコメントが。また米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者のツイッターにも「この審判は球が見えているのか?」「いったい全体どうやったらこの球がストライクになるんだ」「なんてこった、ほとんど地面についているじゃないか!」「100%ボール」とのコメントが寄せられた。

 また、ここ最近、MLBでこうした疑惑の判定が相次いでいることに対しての批判的な声も。「なんでロボット審判を導入しないのか」「代わりに審判を退場させられない?」「今シーズンの審判はずっとひどすぎる」と、メジャーの審判全体に対しての疑念のコメントも寄せられていた。

(Full-Count編集部)

SPOZONE

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY