野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武辻監督、やんちゃな森友哉の涙に声を震わせたワケは?「俺も現役時代に…」

西武は27日、本拠地・メットライフドームで行われた日本ハム戦で山川穂高内野手が9回逆転サヨナラ打を放ち、連敗を5で止めた。今季から選手会長を務める森友哉捕手は号泣。辻発彦監督も試合後の勝利監督インタビューで声を震わせる一幕があったが、連敗脱出だけがその理由ではなかった。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

森の途中出場で試合展開が暗転も“アニキ”山川が逆転サヨナラ打

■西武 8-7 日本ハム(27日・メットライフ)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は27日、本拠地・メットライフドームで行われた日本ハム戦で山川穂高内野手が9回逆転サヨナラ打を放ち、連敗を5で止めた。今季から選手会長を務める森友哉捕手は号泣。辻発彦監督も試合後の勝利監督インタビューで声を震わせる一幕があったが、連敗脱出だけがその理由ではなかった。

 歓喜のサヨナラ劇直後、森は殊勲の山川とタッチを交わすと涙が止まらなくなり、主将の源田や秋元バッテリーコーチから背中を肩をたたかれながら、ベンチに座り顔を覆ったまましばらく動かなかった。やんちゃなイメージをクローズアップされる森としては、めったに見せることのない姿だった。

 森はこの日スタメンを外れ、ドラフト5位ルーキーの柘植世那捕手がプロ入り後初のスタメンマスクをかぶった。柘植は2点を追う5回の攻撃で、先頭打者として遊撃内野安打を放って一挙3得点逆転の口火を切り、6回にはプロ初本塁打の1号ソロでチームに貴重な追加点をもたらした。

 辻監督は2点リードの7回の守備から、捕手を柘植からレギュラーの森に代えたが、皮肉にもこれを境に展開が暗転する。7回こそ平良が無安打無失点に抑えたが、8回に登坂した最速162キロのセットアッパー、ギャレットが3安打3四死球3失点と崩れ、試合をひっくり返されてしまった。森はその裏、2死一塁で迎えた自分の打席では空振り三振に倒れた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」