野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「毎週進化している」 BC栃木入団の川崎宗則、福岡の“弟子”が語る現役へのこだわり

ムネリンが、栃木にやってくる。元ソフトバンクの川崎宗則内野手が、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入することが28日に発表された。27日までの4日間、練習に参加して環境面などを確認。20歳前後の若手に混じって、軽快プレーも披露し「試合に出ていろんなプレーをしたい」と意欲を見せていた。衰えを知らない好奇心と、現役にこだわる潔さ。その原動力の一端を、身近で見てきた人がいる。

川崎宗則(右)と流大輔さん【写真提供:流大輔さん】
川崎宗則(右)と流大輔さん【写真提供:流大輔さん】

元独立リーガーの流大輔さんが川崎のトレーニングをサポート

 ムネリンが、栃木にやってくる。元ソフトバンクの川崎宗則内野手が、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入することが28日に発表された。27日までの4日間、練習に参加して環境面などを確認。20歳前後の若手に混じって、軽快プレーも披露し「試合に出ていろんなプレーをしたい」と意欲を見せていた。衰えを知らない好奇心と、現役にこだわる潔さ。その原動力の一端を、身近で見てきた人がいる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 川崎は昨季、台湾プロ野球の味全ドラゴンズでコーチ兼任としてプレー。今季は契約合意に至らず、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって渡航制限がかかる中で、独自に調整を進めていた。九州を拠点にしながら、福岡を訪れた際には「まな弟子」が営む練習施設で汗を流していた。

「ムネさんはまだまだ進化していますよ。なんなら、毎週進化していると言ってもいいくらいです」

 そう語るのは、福岡県久留米市で野球塾を主宰する元独立リーガーの流大輔さん。「一番尊敬する師匠」という川崎の練習パートナーを務めながら、野球に取り組む姿勢を間近で見てきた。練習方法や自らの体との向き合い方を日々追求している39歳は、楽しくて仕方ないようだった。

「ここを変えてみたら、どう体やプレーが変わってくるだろうかと、ずっと考えてるんです。常に何かを得ようとしているし、ムネさんは自分の体でいろいろ試している」。トレーニングひとつとっても、工夫をこらす。攻守交代をイメージしながら、ノックした直後にダッシュ、さらに打撃練習と組み合わせてやることもある。食事の内容や摂取時間を変えて様子を見ることもある。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」