野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「明らかにセーフ」「審判ダメダメ」ブレーブス野手の“誤審”盗塁死にファン怒り爆発

「明らかにセーフ」「審判ダメダメ」ブレーブス野手の“誤審”盗塁死にファン怒り爆発

先日エンゼルスの大谷翔平投手が“疑惑の判定”で見逃し三振に倒れたように、微妙な判定が相次いでいるメジャーリーグ。28日(日本時間29日)に行われたフィリーズ対ブレーブスの一戦でも、セーフに見える盗塁がアウトと判定され、監督やファンが審判への怒りを爆発させている。

インシアーテが試みた盗塁が物議を醸す判定を生んだ【写真:AP】
インシアーテが試みた盗塁が物議を醸す判定を生んだ【写真:AP】

野手のタッチは“空タッチ”になっているように見えるが…

■フィリーズ 7-4 ブレーブス(日本時間29日・フィラデルフィア)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 先日エンゼルスの大谷翔平投手が“疑惑の判定”で見逃し三振に倒れたように、微妙な判定が相次いでいるメジャーリーグ。28日(日本時間29日)に行われたフィリーズ対ブレーブスの一戦でも、セーフに見える盗塁がアウトと判定され、監督やファンが審判への怒りを爆発させている。

 このプレーは同点で迎えた延長11回に起きた。先攻のブレーブスは無死二塁から先頭のインシアーテが四球で出塁。続くライリーの中飛で二塁走者のマーケイキスが三塁へと進んだ。1死一、三塁となると、続くエチェバリアの打席で一塁走者のインシアーテが二塁への盗塁を仕掛けた。

 猛然とスライディングで突っ込んだインシアーテ。タッチは“空タッチ”気味だったものの、二塁塁審の判定はアウトに。ブレーブスはチャレンジ。リプレー映像でも走者の脚が先にベースについているように見えるが、審判団の結論はアウトのままだった。これで2死となったブレーブスはこの回1点も奪えず。その裏に3ランを浴びてサヨナラ負けを喫した。

 地元テレビ局「FOXスポーツ・サウス」はブライアン・スニッカー監督の会見をツイッターで公開。そこで指揮官は「我々の誰もがセーフと思っていた。彼は間に合っていた。思い通りに(物事が)進まない時もあるということだろうか」と語り、審判に矛先を向けた。また、ファンからも「ありえない」「明らかにセーフじゃないか!」「MLB、君たちの審判はダメダメだな」「どこから見てもセーフだが、アウトとコールされた」「あれは酷いぞ」と批判が噴出していた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」