「キャッチボールが怖い…」 恐怖を感じた阪神藤川の直球、OB藪氏が語る“火の玉”

阪神、メジャーリーグなどで活躍した藪恵壹氏【写真:荒川祐史】
阪神、メジャーリーグなどで活躍した藪恵壹氏【写真:荒川祐史】

20代で超えられなかった150キロ「社会人の時も最速は149キロでした」

「僕らの時代の140キロが、今の150キロですよね。この20年くらいでプラス10キロ。2軍でも今は150キロを投げる投手はゴロゴロいますから」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そう語るのは、阪神OBで元メジャーの藪恵壹氏だ。1994年に阪神に入団した右腕は、同年に新人王を獲得。その後もエースとして、先発ローテーションを支えた。

 今では、エンゼルスの大谷翔平投手やソフトバンクの千賀滉大投手など、公式戦で時速160キロを計測する投手が現れ、時速150キロは珍しい数字ではなくなった。だが、藪氏が入団した当初、今から26年前は別の話だった。

「僕が入った時は球が速い人は少なくて、今ほど速球派はいませんでした。久保田(智之)の頃になると150キロを投げる人は多かったですね。福原(忍)、安藤(優也)、藤川(球児)。それまでは郭李(建夫)くらいでしょう、球が速いなって思ったのは。ただ、あの頃はまだ外国人枠が2人だったから、オマリーとディアーの野手2人に弾かれちゃって、なかなか出られませんでしたけどね。郭李はいいピッチャーでした」

 当時、藪氏にとっても「時速150キロ」は越えられそうで越えられない壁だったという。

「僕は日本で投げた最後の年、35歳の時に最速151キロが出たんですよ。それまで20代の頃にも150キロは一度も出たことがなくて、社会人の時も最速は149キロでした。2004年に横浜スタジアムで投げた時に『これは速い』と思って電光掲示板を見たら『151キロ』。おぉ出た~!って思いましたよ(笑)」

 最速149キロと150キロでは「全然響きが違いますよ」と笑う藪氏だが、メジャーで挑戦したのは「時速95マイル(約152.8キロ)」の壁だった。

「こだわりたいですよね。1球出ればいい。1球95マイルが出せればいいと思っていたら、アスレチックス時代の2005年に一度出ました。アトランタ遠征の時で、打者はロッテにもいたフリオ・フランコ。95マイルで見逃し三振に仕留めたんだけど、フランコはボールだって怒っていましたね(笑)。今年は菊池雄星(マリナーズ)が98マイル(約157.7キロ)出ています。みんな本当に進化していますね」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

井川慶を怖がらせた藤川のストレート、藪氏が怖さを感じたウィリアムスとのキャッチボール

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY