野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム大田が4度のマルチで打率.538、楽天松井は11Kで初勝利…パ週間ベストナインは?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3か月遅れて開幕したプロ野球は、6月19日の開幕から折り返しを迎えた。各チームが60試合超を消化し、セ・リーグは巨人、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

西武のコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】
西武のコーリー・スパンジェンバーグ【写真:荒川祐史】

西武のスパンジェンバーグは打率.500、2本塁打6打点と爆発

【第11週パ週間ベストナイン】
先発 松井裕樹(楽天)
救援 モイネロ(ソフトバンク)
捕手 該当者なし
一塁 鈴木大地(楽天)
二塁 渡邉諒(日本ハム)
三塁 松田宣浩(ソフトバンク)
遊撃 該当者なし
左翼 スパンジェンバーグ(西武)
中堅 金子侑司(西武)
右翼 大田泰示(日本ハム)
DH ジョーンズ(オリックス)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 パ・リーグ第11週で特に活躍が際立ったのは日本ハムの大田。26打数14安打の打率.538、1本塁打、5打点と活躍。4度のマルチ安打をマークし下位に低迷するチームの中でも好調をキープしている。同僚の渡邉も全6試合に出場し20打数8安打の打率.400、1本塁打2打点。シーズン打率も.300に乗せた。

 西武のスパンジェンバーグは20打数10安打の打率.500、2本塁打、6打点と大爆発。29日の楽天戦では4打数4安打を放つなど期待の新助っ人が状態を上げてきている。好調をキープしている楽天の鈴木大は24打数11安打の打率.458と勢いが止まらない。

 最下位に低迷するオリックスではジョーンズがメジャーの実力を発揮。30日のロッテ戦では試合を決定付ける10号3ランを放つなど18打数7安打の打率.389、1本塁打3打点。4試合連続安打、3度のマルチ安打と新体制となったチームを支えている。

 先発では楽天の松井が27日のロッテ戦で7回1安打11奪三振の快投で今季初勝利をマーク。先発に転向して挑んだ今シーズンは5試合連続で白星がなかったが圧巻の投球内容だった。中継ぎではソフトバンクのモイネロが無双状態。3試合に登板し3イニングを1安打3奪三振無失点、3ホールドをマークした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」