野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 山口俊
  • 山口俊、リリーフ登板で負け投手に 痛恨の勝ち越し被弾にうなだれる

山口俊、リリーフ登板で負け投手に 痛恨の勝ち越し被弾にうなだれる

ブルージェイズの山口俊投手は1日(日本時間2日)、敵地でのマーリンズ戦で同点の6回途中から3番手で登板し、負け投手となった。7回まで無失点に抑えたものの、同点で迎えた8回に勝ち越しのソロ本塁打を浴びてチームは敗れ、今季3敗目を喫した。

敵地でのマーリンズ戦に3番手登板したブルージェイズ・山口俊【写真:Getty Images】
敵地でのマーリンズ戦に3番手登板したブルージェイズ・山口俊【写真:Getty Images】

同点の6回途中から登板、勝ち越し弾浴びうなだれる

■マーリンズ 3-2 Bジェイズ(日本時間2日・マイアミ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ブルージェイズの山口俊投手は1日(日本時間2日)、敵地でのマーリンズ戦で同点の6回途中から3番手で登板し、負け投手となった。7回まで無失点に抑えたものの、同点で迎えた8回に勝ち越しのソロ本塁打を浴びてチームは敗れ、今季3敗目を喫した。

 6回1死二塁のピンチで登板した山口は、アンダーソンを1球でセンターライナーに仕留めると、続くディアスには内角を攻め、最後は高めの球で空振り三振に。7回も2死から二塁打を許しながら後続を抑えて好リリーフを見せた。

 だが、痛恨だったのは8回だ。先頭のマルテに1ボールから外寄り球を振り抜かれると、打球は左中間スタンドへ一直線。山口は打球の行方を振り返って見る事なく、その場で膝を折ってガックリとうなだれた。痛恨の勝ち越し弾。結局、右腕は2回2/3で3安打1失点の内容で、今季3敗目となった。

 前回登板となった8月26日(同27日)のレッドソックス戦では、4回を投げ1発を浴びるも1失点にまとめてメジャー初勝利。開幕直後は失点続きで苦戦したものの、8月は5試合計11回2/3で2失点。勝負の後半戦へ、安定感を発揮し始めていただけに、痛い敗戦となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」