野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神藤浪、涙の自己ワースト11失点で5敗目 チームは伝統の一戦で大敗喫しゲーム差7.5

阪神は5日、本拠地・甲子園で行われた巨人戦に11-2で大敗。先発の藤浪晋太郎投手は4回2/3、9安打、自己ワーストとなる11失点で5敗目を喫し、首位巨人とのゲーム差は7.5差に広がった。

阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

巨人の先発・今村は8回5安打1失点で無傷の3勝目をマーク

■巨人 11-2 阪神(5日・甲子園)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神は5日、本拠地・甲子園で行われた巨人戦に11-2で大敗。先発の藤浪晋太郎投手は4回2/3、9安打、自己ワーストとなる11失点で5敗目を喫し、首位巨人とのゲーム差は7.5差に広がった。

 逆転優勝に向け負けられない一戦だったが甲子園にため息がこぼれた。先発の藤浪は2回1死一、二塁から大城に2点タイムリー二塁打を浴び先制を許すと3回は味方のミスも絡み押し出し四球などで一挙5失点。さらに5回は連続四球で2死満塁のピンチを迎えると松原を二塁へのゴロに仕留めたが小幡の悪送球などで4失点を喫しイニング途中で降板となった。

 4回2/3、11失点で交代を告げられると藤浪はマウンド上で呆然。ベンチではしばらくうつむき涙を流す場面も見られた。11点を追う打線は7回に大山が自己最多となる15号ソロを放つも時すでに遅し。

 一方、巨人は先発の今村が大量援護を受け8回5安打1失点の好投で無傷の3勝目。打線も10安打11得点と序盤で勝利を決めた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」