野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・武田翔太、腹部にライナー直撃 場内騒然のアクシデントで途中交代

ソフトバンクの武田翔太投手に打球が直撃し、場内が騒然とするアクシデントが起きた。

トレーナーに付き添われベンチへ下がるソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
トレーナーに付き添われベンチへ下がるソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

5回1死一、二塁で中村奨が放った痛烈なライナーが腹部に直撃

■ソフトバンク – ロッテ(5日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクの武田翔太投手に打球が直撃し、場内が騒然とするアクシデントが起きた。

 今季2度目の先発マウンドに上がった武田。5回1死一、二塁で迎えた中村奨の打球が腹部を直撃。転がったボールをすぐに拾い上げ、倒れ込みながら一塁に送球して打者はアウトにしたが、そのままグラウンド上に倒れ込み、うずくまった。

 このアクシデントにスタンドは騒然。すぐにベンチからトレーナーが駆け出して武田に駆け寄る。工藤公康監督もベンチからマウンドに歩み寄ると、武田はトレーナーに付き添われ、自ら歩いて治療のためにベンチへ下がった。その後、渡邉雄大への交代が告げられて武田は降板となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」