野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹は“天敵”ロッテに2連敗でゲーム差1.5… 連日の継投裏目、工藤監督「私の責任」

ソフトバンクは5日、本拠地PayPayドームでロッテと対戦し、前日に続いて逆転負けを喫した。2位ロッテとの直接対決に連敗し、その差は1.5ゲームに。試合後、工藤公康監督は「結果が悪ければ、継投が悪かったということになるので、それは私の責任ということ」とコメントした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

6回に一度は逆転したが直後に再逆転を許し、今季のロッテ戦は3勝7敗に

■ロッテ 5-4 ソフトバンク(5日・PayPayドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクは5日、本拠地PayPayドームでロッテと対戦し、前日に続いて逆転負けを喫した。2位ロッテとの直接対決に連敗し、その差は1.5ゲームに。試合後、工藤公康監督は「結果が悪ければ、継投が悪かったということになるので、それは私の責任ということ」とコメントした。

 先発の武田は2回に中村奨、4回には田村にソロ本塁打を浴びて2点を先行された。5回には中村奨の痛烈なライナーが腹部に直撃。ボールを拾い何とかアウトにしたものの、その後グラウンドに倒れ込み、そのまま降板となった。

 打線は1点ビハインドの6回、“天敵”美馬から3点を奪った。牧原と柳田の内野安打でチャンスを作ると、4回にソロ本塁打を放っていたグラシアルの中前適時打で同点に。さらに栗原の二ゴロの間に柳田が本塁を狙い、ヘッドスライディングで生還して逆転に成功した。

 だが、その直後の7回、松田宣のエラーで先頭の加藤を出塁させると、3番手の笠谷がマーティン、清田に連打を浴びて1点差に。4番手の松本が中村奨に左翼線への2点適時二塁打を浴びて、試合をひっくり返された。

 前日4日にも7回の継投が裏目に出て逆転負けを喫していたソフトバンク。工藤監督は「何かあれば渡邉くんを挟んで、笠谷君を回の頭からいき、よければそのまま、そうではなかったら松本君と決めてやっていた。動けてはいても、結果が悪ければ継投が悪かったということになると思うので、それは私の責任ということです」とコメント。継投策はプラン通りだったことを強調していた。

 これで今季のロッテとの対戦は3勝7敗に。昨季から続く“苦手意識”はなかなか払拭できない。1.5ゲーム差に迫ってきたロッテ。「ピッチャーも一生懸命投げてるし、野手も一生懸命守っているし、そういうなかでいろんなことが起こる。そういうところに一喜一憂しすぎてもね、今日で終わりなら別ですけど、明日があるので切り替えてやることが大事」と指揮官は“切り替え”を求めていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」