野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「超人の気迫」「イケメンすぎんか」鷹・柳田、“執念”ヘッスラをファン絶賛

5日にPayPayドームで行われたロッテ戦で、ソフトバンクの柳田悠岐外野手が見せた“魂のヘッドスライディング”がファンの反響を呼んでいる。6回に栗原の二ゴロの間にホームに頭から突っ込み生還。球界を代表する柳田の魂のこもった気迫溢れるプレーだった。

ソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パリーグTV】
ソフトバンク・柳田悠岐【画像:パーソル パリーグTV】

5日のロッテ戦の6回に本塁へヘッドスライディングで突入した柳田

■ロッテ 5-4 ソフトバンク(5日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 5日にPayPayドームで行われたロッテ戦で、ソフトバンクの柳田悠岐外野手が見せた“魂のヘッドスライディング”がファンの反響を呼んでいる。6回に栗原の二ゴロの間にホームに頭から突っ込み生還。球界を代表する柳田の魂のこもった気迫溢れるプレーだった。

 1点ビハインドで迎えた6回だ。先頭の牧原が内野安打で出塁すると、柳田も内野安打で続く。グラシアルの適時打で牧原が生還し、まず同点。なおも一、二塁の場面でロッテ先発の美馬が暴投し、チャンスは二、三塁に広がった。

 この場面で栗原の打球は二塁へのライナーに。これを捕り損ねた中村奨は、すぐに拾って一塁へ送球した。三塁走者だった柳田は、この送球した瞬間に本塁へとスタート。慌てた一塁の井上の送球が逸れ、柳田は本塁へとヘッドスライディング。手を叩いて得点を喜んだ。

 相手守備陣のスキを突いた、柳田の状況判断が光ったこのプレー。「パーソル パ・リーグTV」YouTubeが「柳田悠岐『入魂ヘッスラ』間隙を突いて本塁突入!!」と題して動画を公開すると、ファンからは「ホームランバッターの走塁ではないw」「柳田のヘッドスライディングすごい」「超人の気迫のあるプレーは痺れるな~」「イケメンすぎんか」との声が殺到。打撃の状態は下降気味の柳田だが、魂の込められたプレーでチームに貢献する姿にファンは絶賛だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」