野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1か月足らずで打率.391は.333に… 鷹・柳田、打撃不調の要因を元コーチが分析

超人ギータのバットが湿っている。ソフトバンクの柳田悠岐外野手は9月に入ってから5試合で21打数3安打の打率.143、本塁打と打点は共にゼロとなっている。5日にPayPayドームで行われたロッテ戦では2安打を放ったものの、いずれも打ち損ないの内野安打で、持ち味の豪快な打撃は影をひそめている。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

打撃不振でも若手の頃から変わらぬ「必死さ」に飯田氏は感心

■ロッテ 5-4 ソフトバンク(5日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 超人ギータのバットが湿っている。ソフトバンクの柳田悠岐外野手は9月に入ってから5試合で21打数3安打の打率.143、本塁打と打点は共にゼロとなっている。5日にPayPayドームで行われたロッテ戦では2安打を放ったものの、いずれも打ち損ないの内野安打で、持ち味の豪快な打撃は影をひそめている。

 今季トータルで見れば、トップの中田に3本差の20本塁打、打率.333、50打点と文句の付けようがない。しかし、8月12日のオリックス戦を終えた段階で.391あった打率は1か月足らずで6分近くも下がった。主砲の失速に呼応するかのように、パ・リーグ首位のチームも勢いが出ず、9月は1勝3敗1分とくすぶっている。

 元ヤクルト外野手で、昨年まで5年間ソフトバンクのコーチを務めた飯田哲也氏は「現状の柳田はバットが下から出て、スイングが波打っている。こうなると、バットの軌道と投球の接点がピンポイントしかなく、確率が低くなる。おそらく、自分では芯でとらえているつもりなのに、バットの根っこに当たってしまっているのでしょう」と解説。「普段の柳田はレベルスイングで、投球を線で捉えることができるのですが…」と首をひねった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」