野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、7回途中2安打3失点で勝敗つかず 18者連続アウトも「7回の降板悔しい」

前田健太、7回途中2安打3失点で勝敗つかず 18者連続アウトも「7回の降板悔しい」

ツインズの前田健太投手は5日(日本時間6日)、本拠地でのタイガース戦で今季8度目の先発マウンドに上がり、7回途中2安打3失点と好投した。同点の7回途中でマウンドを降り、リリーフが勝ち越しを許したものの、チームは9回サヨナラ勝ち。前田には勝敗はつかず。試合後、右腕は「7回の降板は悔しいものになりましたけど、チームが勝つことができたので良かったなという登板になりました」と振り返った。

タイガース戦に先発したツインズ・前田健太【写真:AP】
タイガース戦に先発したツインズ・前田健太【写真:AP】

チームはサヨナラ勝ちで勝敗つかず「チームが勝って良かった」

■ツインズ 4-3 タイガース(日本時間6日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手は5日(日本時間6日)、本拠地でのタイガース戦で今季8度目の先発マウンドに上がり、7回途中2安打3失点と好投した。同点の7回途中でマウンドを降り、リリーフが勝ち越しを許したものの、チームは9回サヨナラ勝ち。前田には勝敗はつかず。試合後、右腕は「7回の降板は悔しいものになりましたけど、チームが勝つことができたので良かったなという登板になりました」と振り返った。

 初回、先頭のレイエスに1ボールからの2球目のスライダーを右翼ポール際スタンドへ運ばれて先頭打者本塁打を許した。いきなり先制点を奪われた前田だったが、その後は圧巻の投球。2回はカストロ、スチュワートから三振を奪い3者凡退。3回、4回、5回、そして6回と3者凡退に仕留めて1人の走者も許さず、先頭打者弾のあとは18者連続でアウトとした。

 同点で迎えた7回、先頭のスクープに四球を与え、続くカブレラには左前安打。無死一、三塁のピンチとなり、ここで前田は降板。代わったクリッパードがキャンデラリオに右前適時打、ボニファシオに中前適時打を浴びて勝ち越し点を献上し、前田は7回途中2安打3失点だった。

 それでも2回から6回まで5イニング連続で3者凡退に封じる好投で、前田も「投げている感覚は良かった。とにかく抑えようという気持ちでした。先頭打者本塁打を許したが、その後は切り替えて投げることができたと思います」。7回途中での無念の降板となり「降板の仕方は僕の中では悔しい」とはいうものの「打者を打ち取った球は感覚的にはいいものがあった」と手応えのある投球だったと語っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」