野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス吉田正に漂う“夢の4割打者” 専門家が「狙える」と語る根拠とは?

オリックスは6日、敵地で楽天を9-6で下し、5試合ぶりの白星をつかんだ。「3番・左翼」で出場した吉田正尚外野手が3安打、5打点、2本塁打の活躍。連続試合安打は「24」となり、1994年に23試合連続安打を放ったイチロー氏を抜いた。12球団トップの打率も.379まで上昇。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「集中力が高く、正確性が増している。4割打者になれる可能性もこれから出てくる」と、ハイレベルな進化を遂げている球界屈指の左打者の4割超えに期待を寄せた。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

イチロー超えの24試合連続安打を放ち、打率.379に上昇

■オリックス 9-6 楽天(6日・楽天生命パーク)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 オリックスは6日、敵地で楽天を9-6で下し、5試合ぶりの白星をつかんだ。「3番・左翼」で出場した吉田正尚外野手が3安打、5打点、2本塁打の活躍。連続試合安打は「24」となり、1994年に23試合連続安打を放ったイチロー氏を抜いた。12球団トップの打率も.379まで上昇。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は「集中力が高く、正確性が増している。4割打者になれる可能性もこれから出てくる」と、ハイレベルな進化を遂げている球界屈指の左打者の4割超えに期待を寄せた。

 吉田正はこの日、初回に二塁への内野安打を放つと、2打席目の3回には無死一塁から中越え10号2ラン。3打席目の6回は二ゴロに倒れたが、7-4で迎えた4打席目の8回にも、1死一、二塁のチャンスで右越え11号3ランを放ち、試合を決定づけた。そして、入団した2016年以来、5年連続となる2桁本塁打にも到達した。

 今季ここまで91安打、打率.379、11本塁打、47打点。自己最高打率となった昨年の.322を大きく上回る高打率でヒットを打ち続けている吉田正は、なぜここまで安打を量産できるのか。今年、さらなる成長を遂げている訳を、松本氏はこう分析する。

「技術力はすでに言うことないが、今年はその中で、1球のボールに対しての集中力が特に素晴らしく、走者がいる時により確実性が増している。この日の本塁打もそうだが、甘い球をしっかりと捉えていることが、打率にも反映されている。アウトになった打席も、変化球がいいところに来たからヒットにならなかっただけで、スイングをずらされた訳ではなく、打ち方が悪い訳ではない」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」