野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、新人捕手と初バッテリーで見えた新たな境地 投球の妙味に触れた夜

前田健太、新人捕手と初バッテリーで見えた新たな境地 投球の妙味に触れた夜

ツインズの前田健太投手は5日(日本時間6日)、前回8月30日の登板で黒星を喫したタイガース相手に本拠地で登板。6回までに8三振を奪い初回の先頭打者本塁打1本に抑える完璧な投球を続けたが、1-1の同点で迎えた7回に先頭打者を歩かせるとカブレラに左前打を許して降板。リリーフが打ち込まれ勝ち越される展開も9回裏に自軍がサヨナラ勝利を収め、前田に勝敗は付かなかった。

バッテリーを組んだツインズのジェファーズ(左)と前田健太【写真:Getty Images】
バッテリーを組んだツインズのジェファーズ(左)と前田健太【写真:Getty Images】

今シーズン初バッテリーを組んだ前田とジェファーズ

■ツインズ 4-3 タイガース(日本時間6日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手は5日(日本時間6日)、前回8月30日の登板で黒星を喫したタイガース相手に本拠地で登板。6回までに8三振を奪い初回の先頭打者本塁打1本に抑える完璧な投球を続けたが、1-1の同点で迎えた7回に先頭打者を歩かせるとカブレラに左前打を許して降板。リリーフが打ち込まれ勝ち越される展開も9回裏に自軍がサヨナラ勝利を収め、前田に勝敗は付かなかった。

 リベンジはならなかったが、7回途中を投げて2安打3失点1四球8奪三振の好投。初回の被弾後から6回まで18打者連続凡退とし、今季8試合目の登板で6度目のクオリティスタート(6回以上、自責3以下)を記録した前田は、若手のジェファーズ捕手と今季初の“共同作業”を果たした。

 前回対決で同点本塁打を浴びた4番・キャンデラリオの第1打席、2人の呼吸がなかなか合わない。その間合いを嫌った相手が初球を待つ前に2度も打席を外す珍しい光景だった。前田が使いたかったのは打者の出方をうかがう教科書通りのカーブ。前回登板ではどの打者にも初球に使わなかった76マイル(約122キロ)でストライクを取り、3球三振への布石を敷いた。

 試合後、前田はこの日の投球をこう振り返った。

「バッターを今日打ち取るボールは感覚的にはすごくいいボールがたくさんあった」

 低めに集めたチェンジアップとスライダーで翻弄し、勝負に出る直球で投球の妙味を発揮。しかし、この言葉が、単に技術的な部分への手応えだけに留まっているとは思えない。先の“入り球”の正解度も含んだものではなかったか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」