野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

吠える姿に「鳥肌立った」 ロッテ澤村、3者連続三振の衝撃デビューにファン興奮

巨人からロッテにトレード移籍した澤村拓一投手が8日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦でいきなりのリリーフ登板。この日入団会見を行いそのまま出場選手登録されると、すぐに出番がやって来た。

6回に登板したロッテ・澤村拓一【画像:パーソル パ・リーグTV】
6回に登板したロッテ・澤村拓一【画像:パーソル パ・リーグTV】

入団会見後すぐに出場選手登録、ユニホームが間に合わず背番号「106」で登板

■ロッテ 3-2 日本ハム(8日・ZOZOマリン)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人からロッテにトレード移籍した澤村拓一投手が8日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦でいきなりのリリーフ登板。この日入団会見を行いそのまま出場選手登録されると、すぐに出番がやって来た。

 1点リードで迎えた6回、ユニホームが間に合わずに背番号「106」を背負った澤村がマウンドへ。先頭の渡邉に対する2球目で153キロをマークすると、決め球のスプリットで空振り三振。続く大田もスプリットで空振りを奪い、3球三振に仕留めた。巨人で昨季チームメートだったビヤヌエバも3球で追い込み、最後はスプリットで空振り三振。3者連続三振の衝撃的なデビューを果たし、マウンドで雄たけびを上げた。

「パーソル パ・リーグTV」も『名刺代わりの3者連続K』とのタイトルでこの動画を公開。ファンからは「吠えた姿が本当にカッコ良くて鳥肌立っちゃった」「なんか、めっちゃ嬉しい 巨人ファンです!! このまま輝いてくれ!! 澤村!!!」「ようこそ千葉へ!」と絶賛の声が上がっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」