山口俊、ヤ軍打線を封じ2勝目! 2回3奪三振1失点に指揮官称賛「極めて素晴らしかった」

ブルージェイズ・山口俊【写真:AP】
ブルージェイズ・山口俊【写真:AP】

モントーヨ監督「スプリトットについてもメジャーリーグのボールに慣れてきている」

■Bジェイズ 2-1 ヤンキース(日本時間9日・バッファロー)

 ブルージェイズの山口俊投手が8日(日本時間9日)、本拠地でのヤンキース戦に5回から2番手で登板。2イニングを3安打、3奪三振1失点に抑え今季2勝目をマークした。リードを守り好救援を見せた右腕にモントーヨ監督も「極めて素晴らしかった」と賛辞を送った。

 山口は2点リードの5回から2番手で登板。連打と四球でいきなり満塁のピンチを背負ったが犠飛による1失点に抑え、6回は無失点で切り抜けチームの勝利に貢献した。

 試合後、モントーヨ監督は2回1失点で2勝目を挙げた山口について「大きな2イニングだった。1点を失ったが、(守備が)アウトに出来たかもしれない打球もあった。彼は極めて素晴らしかった」と絶賛。

 150キロを超える力強い直球とスプリットを交え3奪三振。メジャーデビューは厳しい場面での登板で2連敗と苦しんだが徐々にメジャーの舞台に適応している。指揮官も「ボールの感触に慣れて、最初の3登板以降の彼は素晴らしい。スプリットについてもメジャーリーグのボールに慣れてきている。日本とは異なるものだ。彼は本当に素晴らしい」と信頼を口にしていた。

【動画】Bジェイズ公式ツイッターも「めちゃくちゃ凄い」と日本語で絶賛! 山口が今季2勝目を挙げた3奪三振の直球&スプリットの実際の映像

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY