野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「ダルビッシュの復活は本物だ」 米メディアはカブスPO進出の“鍵”に指名

今季は60試合制で行われ、早くも折り返し地点を過ぎたメジャーリーグ。トレード期限も終了し、いよいよプレーオフ進出を争う戦いは佳境を迎えることになる。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は各球団のプレーオフ進出の可能性を予想するコラムを掲載。その中で、カブスのダルビッシュ有投手の今季の投球が絶賛されている。

カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
カブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

「ダルビッシュがエースのような投球をしていればオッズは彼らに優位」

 今季は60試合制で行われ、早くも折り返し地点を過ぎたメジャーリーグ。トレード期限も終了し、いよいよプレーオフ進出を争う戦いは佳境を迎えることになる。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は各球団のプレーオフ進出の可能性を予想するコラムを掲載。その中で、カブスのダルビッシュ有投手の今季の投球が絶賛されている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 1位はドジャース、そして2位にはア・リーグ東地区で首位に立つレイズが挙げられており、ダルビッシュの在籍するカブスは全体で9位に位置付けられている。記事の評価の中では「ダルビッシュの復活は本物だ。そしてカブスは地区優勝のために、このいい波に乗ろうとしている。デビッド・ロス監督はダルビッシュ登板日のシンプルなニックネームを思いついた。“勝つ日”だ」と指摘し、カブスにとってダルビッシュの登板は“必勝デー”であるとした。

 現在カブスはナ・リーグ中地区で首位に立っており、カージナルスが2.5ゲーム差、ブルワーズが4.5ゲーム差で追っている。記事では「カブスはもちろんナ・リーグ中地区でカージナルスを寄せ付けないようにしなければならないが、ダルビッシュがエースのような投球をしていればオッズは彼らに優位だろう」とし、ダルビッシュがこれまで通りの活躍をすれば、プレーオフ進出は固いとした。

 また、大谷翔平投手が在籍するエンゼルスは“底辺”のグループに入り、24位にランク付けされている。記事では「エンゼルスは今季も全盛期のマイク・トラウトを無駄にしている」と、厳しく斬り捨てていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」