野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

内川聖一、陽岱鋼… ロッテ移籍の澤村拓一だけじゃない、2軍暮らし続く実力者たち

9月7日に発表された巨人とロッテによる澤村拓一投手と香月一也内野手の1対1の交換トレード。2011年に新人王、2016年には最多セーブに輝いた右腕のトレードはファンの間でも衝撃を呼んだ。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

ソフトバンクではバレンティンも2軍暮らしになっている

 9月7日に発表された巨人とロッテによる澤村拓一投手と香月一也内野手の1対1の交換トレード。2011年に新人王、2016年には最多セーブに輝いた右腕のトレードはファンの間でも衝撃を呼んだ。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 そして、その澤村はロッテ入団会見を行った8日に即出場選手登録されると、その日の日本ハム戦でいきなり登板。3者連続空振り三振を奪う圧巻のマリーンズデビューを飾った。

 澤村は今季、巨人で開幕1軍に入りながら、結果が残せない日々が続いた。デラロサの離脱に伴い、代役で抑えを任されたものの、期待に応えられず。7月25日のヤクルト戦では先発したものの、4回途中で降板。翌26日に2軍落ちとなり、そのままファーム暮らしが続いていた。

 実績のある選手がファーム暮らしを強いられているのは、何も澤村に限ったことではない。澤村の他にも、かつてタイトルを獲得した選手や、1軍での実績が豊富な選手たちで、1軍から声がかかるのを待っている者もいる。そこで、ここでは現在2軍暮らしとなっている主な選手を見ていこう。

 その中でも最大のビッグネームといえば、ソフトバンクの内川聖一内野手とウラディミール・バレンティン外野手だろう。通算2171安打の実績を誇る内川だが、開幕前の不振で開幕1軍から外れると、そのまま2軍暮らしが続く。2軍戦で高打率を残すものの、栗原ら若手の成長もあって、声のかからない状況が続いている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」