野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、8連勝ならず2敗目 初回の3ランは「相手が上だった」

カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、2敗目を喫した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

初回3失点も、2回以降は無安打に封じて8連続QSを達成

■レッズ 3-0 カブス(日本時間10日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地レッズ戦に先発し、2敗目を喫した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

 ダルビッシュは初回、1死からカステヤノス、ウインカーに連続四球を与えると、2死一、二塁からムスタカスに右翼スタンドへ先制の3ランを被弾。それでも、2回以降は立ち直り、ほぼ完璧な投球を見せた。2回は3連続空振り三振。2回から降板する6回まで無安打に封じて2安打3失点9奪三振。メジャートップの8試合連続クオリティースタート(QS)を達成し、奪三振数でリーグトップに立った。

 試合後、ダルビッシュは自らのツイッターを更新し「6回2安打3失点で2敗目を喫してしまいました。ホームランの一球だけという感じでしたが投げたい球を投げたいところに投げて打たれたので相手が上だったなと思います」と試合を振り返る。

 また「ただ左打者のバックドアハードカッターで三振を取れたのは自信になりました」と、この日の投球の収穫も挙げた。そして「今日もたくさんのパワーをありがとうございました!」と綴り、ファンの声援への感謝を記していた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」