野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

8連勝ならず2敗目のダルビッシュ 米記者は8連続QSを絶賛「凄い!」

カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦で先発し、2敗目を喫した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。6回2安打3失点で8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
レッズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

初回に3点を失うも、立て直したダルビッシュ「悲惨な1回をQSに変えた」

■レッズ 3-0 カブス(日本時間10日・シカゴ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦で先発し、2敗目を喫した。「ロベルト・クレメンテ・デー」ということで背番号「21」で登板したダルビッシュは初回にいきなり3点を失うと、リードを奪われたまま降板。6回2安打3失点で8試合連続勝利はならず、今季初登板以来の敗戦投手となった。

 ダルビッシュは初回、1死からカステヤノス、ウインカーに連続四球を与えると、2死一、二塁からムスタカスに右翼スタンドへ先制の3ランを被弾。それでも、2回以降は立ち直り、ほぼ完璧な投球を見せた。2回はガルビス、バーンハート、ボットを3連続空振り三振。2回から降板する6回まで無安打に封じて2安打3失点9奪三振。メジャートップの8試合連続クオリティースタート(QS)を達成し、奪三振数でリーグトップに立った。

 初回は波乱の立ち上がりとなったダルビッシュだが、2回以降は見事に立て直して好投した。地元メディアはこの右腕の修正能力に着目。地元テレビ局「670 The Score」のホストを務めるローレンス・ホームズ氏は「ダルビッシュは悲惨な1回を、どうやってかクオリティースタートに変えた。これは凄い!」とし、初回に3失点しながら、6回自責3以内のQSを達成したことを称賛した。

 また、MLB公式サイトのカブス番ジョーダン・バスティアン氏は「ダルビッシュは、2回以降は安打を許さなかった。彼の今季の防御率は、これで1.77となった(1.44から上がった)。6回で98球、奪三振9、四球3という結果だった」とこの日の投球をレポート。地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のゴードン・ウィッテンマイヤー記者は「ダルビッシュは、またもクオリティー・スタート。しかし、彼らしくない、1回の四球が、彼に大きなダメージを与えた」と、四球から3点を失った初回の投球を惜しんでいた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」