野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 前田健太、7回0封で5勝目! 投手3冠ビーバーとの投手戦に「とにかく1点でも少なく」

前田健太、7回0封で5勝目! 投手3冠ビーバーとの投手戦に「とにかく1点でも少なく」

ツインズの前田健太投手が11日(日本時間12日)、本拠地インディアンス戦に先発し7回4安打7奪三振無失点の好投で5勝目を挙げた。投手3冠の右腕ビーバーとの投げ合いとなったが、堂々のピッチングで投げ勝った右腕は「とにかく1点でも少なく投げることで勝つ確率は上がると思って投げていた」と語った。

本拠地でのインディアンス戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】
本拠地でのインディアンス戦に先発登板したツインズ・前田健太【写真:AP】

「6、7回でも投げさせてもらうことが多くなった」

■ツインズ 3-1 インディアンス(日本時間12日・ミネソタ)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 ツインズの前田健太投手が11日(日本時間12日)、本拠地インディアンス戦に先発し7回4安打7奪三振無失点の好投で5勝目を挙げた。投手3冠の右腕ビーバーとの投げ合いとなったが、堂々のピッチングで投げ勝った右腕は「とにかく1点でも少なく投げることで勝つ確率は上がると思って投げていた」と語った。

 前田はこの日、投手部門でリーグトップの7勝、防御率1.25、94奪三振と3冠のビーバーとの投げ合いで快投を演じた。初回は2死からラミレスに右前打を許すも続くサンタナを二ゴロに抑え無失点。2回、3回と3者凡退で流れを作ると4回は先頭のヘルナンデスに中前打を浴びたが後続を仕留める。

 勝利投手の権利がかかった5回は1死からネイラーに四球を許したが、ペレスを空振り三振、デシールズを遊ゴロに抑える。その後も走者を許すも要所を締める内容で7回4安打無失点、7奪三振。二塁を踏ませない快投劇だった。

 前田は試合後、ビーバーとの投げ合いについて「なかなか点の取れない投手。とにかく1点でも少なく投げることで勝つ確率は上がると思って投げていた」と振り返り、7回無失点の投球については「長いイニングを投げることがチームのためになる。6、7回でも投げさせてもらうことが多くなった。監督の期待に応えたい気持ちが強いかなと思います」と語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」