野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ14年目の38歳がチームに欠かせないワケ 鷹・高谷が貫く献身のための準備

ソフトバンクの高谷裕亮捕手が12日、本拠地PayPayドームでの西武戦で2安打4打点の活躍を見せ、チームの5連勝に貢献した。プロ14年目にして初の1試合4打点。この日から始まった恒例のイベント「鷹の祭典」は、38歳のベテラン捕手の躍動によって「高谷の祭典」と化した。

3ランを含む4打点と活躍したソフトバンク・高谷裕亮【写真:藤浦一都】
3ランを含む4打点と活躍したソフトバンク・高谷裕亮【写真:藤浦一都】

恒例の「鷹の祭典」が「高谷の祭典」に、指揮官も「欲しいところでしっかり打ってくれた」

■ソフトバンク 8-4 西武(12日・PayPayドーム)

【動画】工藤監督も称賛した38歳のベテランの技が凝縮された一発 ソフトバンク・高谷が放った2号3ランの実際の映像

 ソフトバンクの高谷裕亮捕手が12日、本拠地PayPayドームでの西武戦で2安打4打点の活躍を見せ、チームの5連勝に貢献した。プロ14年目にして初の1試合4打点。この日から始まった恒例のイベント「鷹の祭典」は、38歳のベテラン捕手の躍動によって「高谷の祭典」と化した。

 最初の打席は2回。2死走者なしから、4試合ぶりにスタメンに復帰した松田が二塁打でチャンスメーク。続く高谷は追い込まれながらもセンター前に弾き返して、貴重な先制点。「何とか前に飛ばそうと思っていましたが、タイムリーになって良かったです。とにかく次に繋ぐことだけを考えて、それに集中してやっているんで」と振り返った。

 3回には、川島の四球をきっかけにグラシアルの2点打などで3点を追加し、2死二、三塁の好機で再び高谷に打席が回ってきた。ここでも簡単に追い込まれながら、4球目の高めの変化球を振り抜くと打球は右翼のテラス席へ着弾。序盤で試合を決定づける2号3ランに、一塁ベースを回ったところで大きく拳を突き上げた。

 プロ14年目で節目の通算10本塁打目。相手はチームにとって“初もの”となる左腕のノリン。「暖簾に腕押し」は手応えがないことを意味する言葉だが、「ノリンにダメ押し」は手応え十分の千金弾だった。

「うまく畳んで打てた。狙ったというよりも反応です。自分の中でも自信になります。4打点は出来過ぎです。いい追加点にはなったと思います」と高谷。力強いガッツポーズとは裏腹に少し控えめに語った。

 工藤公康監督も高谷の3ランを「欲しいところでしっかり打ってくれたし、あそこで引き離せたのは良かった」と絶賛。さらに、8月26日のオリックス戦(PayPayドーム)で高谷が放った今季1号同点2ランも引き合いに出し「投手を助ける一本を打ってくれる。狙い球を理解して打っているのも捕手らしいなと思います」と称えた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」