野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「泣いてしまった」「今宮の涙思い出す」ベンチで涙した鷹・周東にファンの激励殺到

12日に行われた西武戦で、ベンチで悔し涙を流したソフトバンクの周東佑京内野手。「9番・遊撃」でスタメン出場したが、2つの失策を犯し、人目を憚らず涙し、試合後には本多雄一内野守備走塁コーチと居残り練習に励んだ。

ベンチで涙を浮かべるソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】
ベンチで涙を浮かべるソフトバンク・周東佑京【画像:パーソル パ・リーグTV】

試合後には本多コーチとグラウンドに出て居残り練習に励んだ周東

■ソフトバンク 8-4 西武(12日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 12日に行われた西武戦で、ベンチで悔し涙を流したソフトバンクの周東佑京内野手。「9番・遊撃」でスタメン出場したが、2つの失策を犯し、人目を憚らず涙し、試合後には本多雄一内野守備走塁コーチと居残り練習に励んだ。

 5回に遊撃から二塁へと守備位置を移した周東は7回先頭の呉念庭の二ゴロで一塁へと悪送球。さらに8回には1死一塁でメヒアの二ゴロを捌いたものの、併殺を狙った二塁への送球が悪送球に。続く森の中犠飛で高橋礼が1点を失った。

 この回を終えてベンチに戻ると、周東は瞳を潤ませタオルで顔を何度も拭った。2失策に悔し涙を流し、川島慶三内野手やコーチ陣らに声をかけられていた。試合後には本多コーチ、川瀬晃内野手と共にグラウンドに出て居残り練習。何度も送球練習に汗を流した。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeでは「【悔し涙】周東佑京なら、必ず糧にできるはず」として動画を公開。涙を流す周東の姿だけでなく、これまでの好プレー動画も挟み、周東の活躍を願う内容になっている。

 この動画はファンの感動を呼んだようで「乗り越えてくれ」「必ず糧にするだろう」「こうやっていい選手になっていくんでしょうね」「ソフトバンクは涙した選手は強くなる」「周東の涙は美しい」「今宮の涙思い出す」「胸がぎゅってなって泣いてしまった」とのコメントが。今では球界屈指の遊撃手となった“師匠”の今宮健太内野手もエラーに涙を流したことがあり、その姿に重ね合わせる声もあった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」