野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

川崎宗則、独立Lデビュー初球を特大弾! フルスイングの豪快アーチにスタンド騒然

ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに今月加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手が13日、独立デビュー戦でいきなりド派手な特大弾を放った。本拠地の小山運動公園野球場での茨城アストロプラネッツ戦に「2番・三塁」でスタメン出場。3年ぶりの国内復帰戦の第1打席で、初球をスタンドインさせた。

第1打席で初球を捉え、本塁打を放ったBC栃木・川崎宗則【写真:荒川祐史】
第1打席で初球を捉え、本塁打を放ったBC栃木・川崎宗則【写真:荒川祐史】

背番号52まとい「2番・三塁」でスタメン 第1打席で挨拶代わりのアーチ

 ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに今月加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手が13日、独立デビュー戦でいきなりド派手な特大弾を放った。本拠地の小山運動公園野球場での茨城アストロプラネッツ戦に「2番・三塁」でスタメン出場。3年ぶりの国内復帰戦の第1打席で、初球をスタンドインさせた。

【動画】初打席初球本塁打にスタンド騒然! 川崎宗則が放った特大弾の映像

 慣れ親しんだ背番号52のユニホームを身にまとった川崎は、初回の第1打席で初球を迷わずにフルスイング。打球は大きな放物線を描き、右翼の芝生席へ。名刺がわりの特大デビュー弾に、スタンドは騒然とした。3回1死で迎えた第2打席は一ゴロに倒れるも、一塁まで全力疾走する姿に大きな拍手が起きた。

 初回の守備では、強烈なゴロに対して一度は弾きながらも即座に送球してアウトにすると、スタンドからはどよめきが起きた。声援が禁止された静寂の球場内で、川崎の大きな声が響いた。

 この日は、栃木で2年目を迎えた元阪神の西岡剛内野手も「4番・一塁」でスタメン。世界一に輝いた2006年のWBC、08年の北京五輪で二遊間を組んだ名コンビが一、三塁で復活した。さらに元ヤクルトの飯原誉士外野手兼ヘッドコーチが「5番・DH」、元ロッテの成瀬善久投手が先発し、元NPB戦士がそろい踏みだった。

 川崎は17年に古巣のソフトバンクに復帰するも、自律神経の病気を理由に18年3月に退団。1年余りの時を経て昨季は台湾プロ野球の味全ドラゴンズでコーチ兼任としてプレーした。今季は契約が折り合わず、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渡航できない状況もあり、無所属に。独自でトレーニングを進めていたが、実戦機会を求めて栃木に加入した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」