野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、“スミ1”敗戦にも淡々「いつも打てたら苦労はしません」

ソフトバンクは13日、本拠地PayPayドームでの西武戦で零封負けを喫した。先発の石川柊太投手は先頭打者本塁打による1失点のみで9回を投げ切ったが、打線にあと1本が出ないまま無得点に終わり、連勝は5で止まった。

7回の満塁の好機で凡退したソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】
7回の満塁の好機で凡退したソフトバンク・中村晃【写真:藤浦一都】

先発の石川は9回1失点で完投「ナイスピッチングです」

■西武 1-0 ソフトバンク(13日・PayPayドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ソフトバンクは13日、本拠地PayPayドームでの西武戦で零封負けを喫した。先発の石川柊太投手は先頭打者本塁打による1失点のみで9回を投げ切ったが、打線にあと1本が出ないまま無得点に終わり、連勝は5で止まった。

 打線が3者凡退で終わったのは6回と8回の2イニングだけ。7回には2死満塁、9回にも一打サヨナラという好機を作りながら、最後まで「あと1本」が出なかった。

 試合後の工藤公康監督はスミ1の敗戦にも淡々と会見に応じた。相手先発の松本航投手の投球を「良かったと思います。特にストレートのコントロールが良いように見えました」とし、4度の得点圏で凡退に終わった中村晃についても「いつも打てたら苦労はしません。打てない時もあります」とかばうように語った。

 初回の1失点のみで、118球の完投を見せた石川には「ナイスピッチングです。あれ(先頭打者本塁打)だけで、そんなに打たれてはいないわけですから。(甲斐)拓也君も良いリードで石川君の良い所を引き出して、調子の上がっていた山川君やメヒアを抑えましたしね。投手というのは不思議なもので、良いピッチングをしても勝てない時もある。また次の1週間、いい調整をしてほしいと思います」とした。そして僅差の勝負となった試合展開を振り返り、淡々と次のように語った。

「こういうギリギリの戦いが、若い人にとってもチームにとっても生きる時が必ず来ると思います。勝てればそれに越したことはないですが、負けたとしても次の役に立つと思います。今日の悔しさを次の北海道で良い結果が出るようにしてもらえたらと思います」

 この1週間2カードを5勝1敗。5勝はいずれも先発投手に勝ち星が付き、唯一の敗戦も先発の石川が完投。その中で武田翔太が抹消となったが「故障ではありません。コーチと話をしてローテーション(のプラン)を組んでいるので予定通りです」と、恒例となりつつあるリフレッシュ抹消であることを明言した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」