高橋慶彦氏が語る広島黄金期の実像 「みんな古葉監督と同じ考え方だった」

広島・ロッテで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】
広島・ロッテで活躍した高橋慶彦氏【写真:編集部】

古葉監督の言葉に奮起「おまえが出てくるか、俺がクビになるか、どっちかだ」

 かつて、絶大な実力と人気を誇った高橋慶彦氏がスター選手として活躍していた広島。古葉竹識氏が監督を務めた1975年から85年までの11年間に、リーグ優勝4回、日本一3回を成し遂げ、空前の黄金期を築いた。古葉氏の秘蔵っ子で、77年の後半からレギュラー遊撃手として活躍した高橋氏が、強さの秘密を明かした。

 1975年に球団創設初優勝を飾ったカープだが、翌76年から3年間は再び栄光から遠ざかった。その間、走力を買われて77年の後半から「1番・遊撃手」としてレギュラーに抜擢されたのが高橋氏だった。「おまえが出てくるか、俺がクビになるか、どっちかやな」。古葉監督はそう語りかけたという。それほど、このプロ3年目の弱冠20歳に賭けていた。

 内野手として入団後、いったん外野へコンバートされていた高橋氏が、再び内野へ舞い戻る形になった。というのも、77年当時のカープの外野陣は、左翼・水谷実雄氏、中堅・山本浩二氏、右翼はジム・ライトル氏で、いずれも打線の中軸。高橋氏の付け入る隙はなかった。そこで、遊撃にコンバートし、レギュラー遊撃手だった三村敏之氏を二塁へ。正二塁手でベテランの域に差し掛かりつつあった大下剛史氏は、出場機会を減らすことになった。

 高橋氏が守備に就く際、古葉監督が強く言い聞かせたのは、「ボールから目を切るな」だった。実に簡単なことのように思える。ところが、高橋氏は「やってみてわかったけれど、人間はどうしても集中力がプツッ、プツッと切れる瞬間があるのよ。すると、ベンチから『くぅおら、慶彦! 目を切るなと言っただろっ!』と怒鳴りまくられたからね。目を切っちゃいかん、目を切っちゃいかんと、頭がいっぱいになったよ」と身をすくめる。

 やがて「目を切らないこと」が脳に刻み込まれた頃、高橋氏は自身の変化に気付いた。「集中力がどんどん増していって、相手打者がカーンと打った瞬間、イニング、点差、風向き、ランナーの走力、味方の守備位置など、インプットしておいた情報が瞬時に頭に浮かぶようになったんよ」。

主砲の衣笠氏が自らセーフティスクイズも…浸透した古葉野球

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY