野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・根尾は「弱音吐け」 昨季までの同僚が進言する“相談相手”の適任者は?

7年連続Bクラスからの脱出を目指す中日は、シーズン終盤に向けて懸命の戦いを続けている。1軍に不測の事態があった際の後方支援を担う2軍のナゴヤ球場では、近年にはない華やかさを見せている。中でも、2人のドラ1野手が注目の的。7月に1軍デビューを果たした新人の石川昂弥内野手は、22試合に出場し14安打。打点も記録した。一方、2年目の根尾昂内野手は8月にプロ初安打をマークしたのみで、再び2軍に。20歳を迎えた大器はブレークのきっかけをつかめるのか――。昨季まで一緒にプレーした元外野手は、根尾の持つ強みと不器用さを指摘する。

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】
中日・根尾昂【写真:荒川祐史】

中日で5年間プレーした友永翔太氏が指摘する根尾の強みと不器用さ

 7年連続Bクラスからの脱出を目指す中日は、シーズン終盤に向けて懸命の戦いを続けている。1軍に不測の事態があった際の後方支援を担う2軍のナゴヤ球場では、近年にはない華やかさを見せている。中でも、2人のドラ1野手が注目の的。7月に1軍デビューを果たした新人の石川昂弥内野手は、22試合に出場し14安打。打点も記録した。一方、2年目の根尾昂内野手は8月にプロ初安打をマークしたのみで、再び2軍に。20歳を迎えた大器はブレークのきっかけをつかめるのか――。昨季まで一緒にプレーした元外野手は、根尾の持つ強みと不器用さを指摘する。

【写真】「大胆に攻めてみました」…ハイビスカス柄の独創ユニを手に笑顔を浮かべる元チアドラリーダーの荒井なつりさん

 今季の開幕を2軍で迎えた根尾は、8月4日に1軍昇格。その日から3試合連続でスタメン出場するも、打席で結果はついてこなかった。代打で2試合の出場を挟み、迎えた8月11日の広島戦(マツダ)。「2番・中堅」で先発し、第5打席にプロ初安打となる右前打を放った。通算17打席でようやく待望の一打が生まれたが、その2日には登録抹消。再び2軍で研鑽を積む日々に戻った。

 まだ2年目の20歳。将来を担う逸材なだけに、球団は腰を据えて育てる方針に変わりはない。「秘めてるポテンシャルっていうのは、本当にすごい」。2019年まで5年間、中日の外野手としてプレーした友永翔太氏は、間近で感じてきた印象を語る。根尾が1年目の昨季は、ファームで一緒に汗を流した元チームメート。「高卒ルーキーで、あそこまで振り抜ける選手は見たことないですね」と驚きを持って見ていたという。

 昨季ウエスタン・リーグでチーム最多の108試合に出場し、2本塁打33打点、打率.210。プロの壁にぶつかりもがく姿があった。「1年目は守備のミスをバッティングで引きずっている部分もあったのかなと思います。すごく悩んでいる顔を見たこともありました」と友永氏。先輩として声をかけることもあったというが、根尾は常に気丈に振る舞っていたという。

「根尾が弱音を吐いたところは見たことなかったです。どんなに暑くても、しんどくても、つらくても。普通は『きついなー』とか、つい言っちゃうと思うんですが、それも全くなかった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」