野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹の連勝は3でストップ 好機潰した上林の走塁ミスに工藤監督「暴走と好走は紙一重」

ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦に1-3で敗れて、連勝が3でストップした。2位のロッテも敗れたため、2.5ゲーム差は変わらなかった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

プロ初先発の楽天・瀧中を攻略できず「うまくいかなかった」

■楽天 3-1 ソフトバンク(19日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは19日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦に1-3で敗れて、連勝が3でストップした。2位のロッテも敗れたため、2.5ゲーム差は変わらなかった。

 先発の笠谷が序盤から制球に苦しむピッチングとなり、3回に鈴木大地の適時打で1点を先制された。打線はプロ初登板初先発となった瀧中の前に5回までゼロ行進。6回に1死二塁のチャンスを作ると、代わった酒居から柳田が右前適時打を放って同点に追いついた。

 だが、直後の7回に3番手の高橋礼が先頭の田中和に四球を与え、浅村の適時打で勝ち越しを許す。8回には1死二塁のチャンスを作ったものの、デスパイネの遊ゴロで代走の上林が三塁を狙って飛び出して憤死。さらに挟殺プレーの間に二塁を狙ったデスパイネも刺されてダブルプレーとなり、反撃ムードが萎んだ。

 試合後、投手陣が踏ん張りながらの敗戦に、工藤公康監督は「みんなそれなりに最少失点ではいってはくれたんですけど……。残念でした、すみません」と淡々。5回まで得点を奪えなかった楽天先発の瀧中については「狙い球を絞るように指示してくれてはいたんですけど、そこがうまくいかなかった」と振り返っていた。

 同点、逆転のチャンスが一瞬で消えた8回の上林の走塁。指揮官は「もったいないっちゃもったいないんですけど、先の塁をというのも分かる。暴走と好走は紙一重とも言いますし、あの瞬間は選手に判断を委ねるしかない。僕らは三遊間、ショートに行ったのは基本は走らないというのは野球界のセオリーですけど、それで打球が弱ければ走れたりもする。今日はそれがうまくいかなかったと思います」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」