野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNAソト、豪快16号ソロ放ち出場321試合で通算100号 デストラーデ氏に次ぐ歴代6位

DeNAのネフタリ・ソト内野手が19日、本拠地での巨人戦に「2番・一塁」でスタメン出場。第2打席で16号ソロを放ち来日通算100号を達成した。出場321試合での100本塁打到達は1991年の西武デストラーデ氏(出場308試合)に次ぐ6位のスピード記録となった。

DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】
DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】

出場321試合での通算100号到達は1991年の西武デストラーデ氏に次ぐ6位のスピード記録

■DeNA – 巨人(19日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAのネフタリ・ソト内野手が19日、本拠地での巨人戦に「2番・一塁」でスタメン出場。第2打席で16号ソロを放ち来日通算100号を達成した。出場321試合での100本塁打到達は1991年の西武デストラーデ氏(出場308試合)に次ぐ6位のスピード記録となった。

 1点リードの3回。1死から梶谷が右翼席へ13号ソロを放つと、続くソトも続いた。巨人今村が投じた144キロの直球を完璧に捉えた打球は一直線で左翼スタンドに飛び込む16号ソロとなった。ダイヤモンドを回る際にはDeNAファンで埋まった右翼席に右手を掲げサインを送っていた。

 これでソトは出場321試合目で来日100号を達成した。「ダゾーン」公式ツイッターも節目の一発を動画で公開。ファンからも「通算100号おめでとう」と祝福のメッセージが送られていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」