野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神西勇が2戦連続完封&近本4発、広島田中が復活の打率.438…セ週間ベストナインは?

2020年のペナントレース。120試合制で行われる今季の折り返し地点を過ぎ、いよいよ勝負の後半戦に入っている。残り40試合を切ったチームもあり現在はセ・リーグは巨人がマジックを点灯させ首位を独走、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

阪神・西勇輝【写真:津高良和】
阪神・西勇輝【写真:津高良和】

巨人はマジック32とリーグ連覇に向け首位を独走

 2020年のペナントレース。120試合制で行われる今季の折り返し地点を過ぎ、いよいよ勝負の後半戦に入っている。残り40試合を切ったチームもあり現在はセ・リーグは巨人がマジックを点灯させ首位を独走、パ・リーグはソフトバンクが首位に立っている。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 9月15日から9月20日までの1週間の選手成績を振り返り、Full-Count独自で週間ベストナインを選出。今回はセ・リーグ第14週だ。

【セ・リーグ現在の順位表】
→1 巨人 77試合48勝25敗4分 M32
→2 阪神 78試合38勝36敗4分 10.5
→3 DeNA 80試合38勝37敗5分 0.5
→4 中日 80試合35勝40敗5分 3.0
→5 広島 77試合30勝39敗8分 2.0
→6 ヤクルト 78試合30勝42敗6分 1.5

【第14週セ・リーグ】
1 ヤクルト 4勝2敗
2 中日 3勝2敗
3 巨人 3勝3敗
3 DeNA 3勝3敗
5 広島 2勝3敗
6 阪神 2勝4敗

 シーズン順位の変動はなかったが最下位のヤクルトが前週で0勝5敗1分から4勝2敗と盛り返し。首位の巨人は3勝3敗のタイとし優勝マジックは32と独走態勢を見せている。2位の位置につけている阪神だが2勝4敗と負け越し、首位とのゲーム差は10.5と広がっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」