オリックス吉田一将、肩甲帯のコンディショニング不良 大阪市内の病院で検査

オリックス・吉田一将【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田一将【写真:荒川祐史】

今後は患部の状態を確認しながら練習を行なっていく

 オリックスは23日、吉田一将投手が大阪市内の病院でMRI及びエコー検査を受け、肩甲帯のコンディショニング不良と診断されたと発表した。

 今後は、患部の状態を確認しながら練習等を行っていく予定。吉田一は今季21試合に登板して1勝1敗0ホールド1セーブの成績を残している。9月17日の楽天戦(ほっと神戸)以来、登板していない。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY