野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

王者の意地を見せられるか? 専門家が期待する西武の危機を救う元キング助っ人の存在

西武は25日、本拠地で楽天を5-4で下し、楽天の連勝を5で止めた。23日の日本ハム戦から4番に座っているエルネスト・メヒア内野手が2安打3打点の活躍。不振の山川に代わって4番を任されている助っ人が久々に存在感を見せた。これで西武は38勝42敗2分。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は、5位西武がCS出場権を獲得するためにはメヒアの活躍が不可欠だといい「山川ら不調な打者が多い中、メヒアと中村が長打で得点を重ね、大型連勝をすれば、チャンスは出てくる」と話した。

西武のエルネスト・メヒア【写真:荒川祐史】
西武のエルネスト・メヒア【写真:荒川祐史】

専門家は「メヒアと中村の長打で得点力を上げること」と指摘

■西武 5-4 楽天(25日・メットライフ)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 西武は25日、本拠地で楽天を5-4で下し、楽天の連勝を5で止めた。23日の日本ハム戦から4番に座っているエルネスト・メヒア内野手が2安打3打点の活躍。不振の山川に代わって4番を任されている助っ人が久々に存在感を見せた。これで西武は38勝42敗2分。現役時代、巨人で活躍し、楽天でヘッドコーチを務めた野球評論家の松本匡史氏は、5位西武がCS出場権を獲得するためにはメヒアの活躍が不可欠だといい「山川ら不調な打者が多い中、メヒアと中村が長打で得点を重ね、大型連勝をすれば、チャンスは出てくる」と話した。

 メヒアが久々に仕事をやってのけた。先頭で迎えた2回に四球で出塁すると、0-1で迎えた4回には無死一、二塁のチャンスで同点となる中前適時打。さらに1-2で迎えた5回にも2死一、三塁から右翼フェンス直撃の2点適時打で逆転に成功すると、続く中村の右翼フェンス直撃の二塁打の間に激走をみせ、一塁から一気に本塁に生還。7回は1死一塁から遊併に終わったが、6番を打った11日のソフトバンク戦以来、2週間ぶりに打点を挙げ、チームを勝利に導いた。

 この日のメヒアについて、松本氏はこう分析する。

「塩見に相性がいいのもあるが、ボールの見方が良かった。中前打はフォークにしっかり食らいついた。これまでなら空振りしていたボールだったが、タイミングを合わせ、しっかりボールを捉えた。その後の打席もしっかり逆方向へと対応した。(7回の)牧田に対しては、併殺打になったが、しっかりした当たりが正面に行ってしまっただけ。スライダーへの対応はそこそこよかった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」