野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

燕・村上は「いずれ3冠王になる器」 名将が語る“平成の3冠王”と遜色ない素質とは?

20歳にしてヤクルトの4番を張る村上宗隆内野手は26日、本拠地・神宮球場で行われた阪神戦で、1回に先制右前適時打、6回にバックスクリーンを越える決勝18号ソロを放ち、2-1の勝利に貢献した。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でも名コーチとして知られた森脇浩司氏は、「近い将来3冠王になる器」と絶賛。それが今季になる可能性まであるとみる。

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

高打率を支えるリーグ断トツの四球数「いい打者の条件は…」

■ヤクルト 2-1 阪神(26日・神宮)

【動画】4番の貫禄も…やはりまだ20歳、ベテランに水をかけられず自分でかけた村上の可愛らしい映像

 20歳にしてヤクルトの4番を張る村上宗隆内野手は26日、本拠地・神宮球場で行われた阪神戦で、1回に先制右前適時打、6回にバックスクリーンを越える決勝18号ソロを放ち、2-1の勝利に貢献した。元オリックス監督で、ソフトバンク、巨人、中日でも名コーチとして知られた森脇浩司氏は、「近い将来3冠王になる器」と絶賛。それが今季になる可能性まであるとみる。

 森脇氏は1997年から2009年まで、ダイエー・ソフトバンク時代を通じて13年間ホークスのコーチを務め、松中信彦氏が入団し、徐々にチームの主力に成長し、04年に“平成唯一の3冠王”となるまでをつぶさに見守った。村上の素質は、その松中氏と比べても遜色ないという。

 村上は1回無死満塁のチャンスで、阪神先発のガンケルの初球を右前へ運ぶ先制適時打。6回の第3打席では、カウント1-0から2番手・藤浪の152キロの速球を一閃。打球はバックスクリーンを越える特大弾となった。いずれも、やや甘く来たファーストストライクを逃さずとらえたもの。森脇氏は「いい打者の条件は、相手の失投をミスショットしたり見逃したりせず、1振りで仕留めること。この日の村上は見事でした」とたたえる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」