野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ澤村、150キロ“快速スプリット”でバットへし折る 1回0封で7試合連続無失点

ロッテの澤村拓一投手が27日、本拠地でのソフトバンク首位攻防戦の8回に4番手として登板。1イニングを無安打無失点の好投で移籍後7試合連続無失点をマークした。

ロッテ・澤村拓一【写真:荒川祐史】
ロッテ・澤村拓一【写真:荒川祐史】

松田宣、川瀬、甲斐を150キロスプリットで3者凡退

■ロッテ – ソフトバンク(27日・ZOZOマリン)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ロッテの澤村拓一投手が27日、本拠地でのソフトバンク首位攻防戦の8回に4番手として登板。1イニングを無安打無失点の好投で移籍後7試合連続無失点をマークした。

 澤村の出番は4点リードの8回。先頭の松田宣を150キロのスプリットで空振り三振、続く川瀬を二ゴロ151キロのスプリットでバットをへし折り二ゴロ、最後は甲斐を150キロのスプリットで遊ゴロに仕留め無失点で切り抜けた。

 この日、チームは背ネームをニックネームに変更した「マリンフェスタユニホーム」を着用。澤村は「SAWAMURAAA」のニックネームを背負って圧巻の投球を見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」