野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新庄剛志がNPBに復帰できる明確な理由 元ハム田中幸雄氏「僕なら絶対に獲る」

昨年11月に現役復帰を宣言し、注目を浴びている新庄剛志氏。日本ハムで引退してから13年。トレーニングを積み、再びNPBの舞台を目指している。トライアウト受験後、獲得球団は現れるのか。「僕なら絶対に獲る」と真剣な表情で向き合うのは日本ハムの生え抜きスターで2軍監督なども務めた田中幸雄氏だ。同僚だったからこそ分かる、新庄氏の姿勢を聞いた。

日本ハムで活躍した田中幸雄氏【写真:荒川祐史】
日本ハムで活躍した田中幸雄氏【写真:荒川祐史】

同じチームだったからこそ見えた人間性、技術力の高さ

 昨年11月に現役復帰を宣言し、注目を浴びている新庄剛志氏。日本ハムで引退してから13年。トレーニングを積み、再びNPBの舞台を目指している。トライアウト受験後、獲得球団は現れるのか。「僕なら絶対に獲る」と真剣な表情で向き合うのは日本ハムの生え抜きスターで2軍監督なども務めた田中幸雄氏だ。同僚だったからこそ分かる、新庄氏の姿勢を聞いた。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 現役生活22年間、日本ハム一筋でチームを支えてきた田中幸雄氏が、新庄氏と過ごしたのは2004年から06年の3年間。短くも濃厚なこの時間をミスター・ファイターズは忘れることはない。北海道移転初年度の盛り上がり、その2年後の自身初のリーグ優勝、日本シリーズ優勝、記念の胴上げ……この男がいなければ、実現することはなかった。

 そんな新庄氏が打ち上げた現役復帰宣言。田中氏はその言葉に期待感を抱いていた。

「もちろん、年齢的なものはありますけど、体もきちんと鍛えている。1年間、試合に出る体力は厳しいのかなと考えましたけど、DH(指名打者)だってある。普通にずっと出られる方法はあると思います」

 テレビ出演などメディアに登場する度、新庄の動きが目に留まった。遠投する姿やトレーニング風景、打撃をする姿も……手を抜いていないことはすぐに見て分かった。現役時代から派手さはあっても、陰で一生懸命、練習している姿を何度も目にしていた。その光景を思い返させた。

「半端な気持ちではないですよ。覚悟と自信を持っている。彼は手を抜くようなことはしない。 まずは実際に試合をする姿を見てみないとわからないですが、練習だけだったら、普通に打てる。打撃マシンや、遅いボールだったらOBの人もでも振りは遅いけど、打つことできるじゃないですか。新庄の場合、あれだけの体が鍛えていて、筋肉が残っている状態だったら、しっかりと打てると思います」

 まだ、名乗りを上げる球団はない。48歳という年齢、前例にない挑戦を受け入れることは容易ではないだろう。しかし、田中幸雄氏は断言する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」