野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

渡辺GMの背番号「41」を背負う高卒ルーキー 西武ドラ6井上が目指す1軍の舞台

コロナ禍の影響で約3か月遅れで開幕したプロ野球も、後半戦に突入した。今年入団した選手たちも、異例のシーズンの中でレベルアップに励んでいる。埼玉西武ライオンズのルーキーを紹介する3回目は、ドラフト6位で入団した井上広輝投手だ。

西武のドラフト6位ルーキー・井上広輝【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
西武のドラフト6位ルーキー・井上広輝【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

日大三高では2年春夏の甲子園に出場した井上広輝投手

 コロナ禍の影響で約3か月遅れで開幕したプロ野球も、後半戦に突入した。今年入団した選手たちも、異例のシーズンの中でレベルアップに励んでいる。埼玉西武ライオンズのルーキーを紹介する3回目は、ドラフト6位で入団した井上広輝投手だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 神奈川県厚木市出身。U-18日本代表の経験もあり、現在は青学大でプレーしている兄の影響で小学生の時にソフトボールを始め、中学生で野球に転向した。高校は兄と同じ東京の強豪、日大三高に進学。2年春夏の甲子園出場を果たした。

 2年春のセンバツでは初戦の由利工戦にリリーフとして登板し、6回無失点と好投。続く三重戦では先発し6回3失点の内容だったが、チームは敗れ2回戦敗退となった。だが、この大会をきっかけに、プロを意識するようになる。

「甲子園は夢見ていたマウンドだったので、不思議な感覚でした。自分が思った以上の力が出ているような気がしました。最初は緊張しましたが、投げていて楽しかったです。センバツでいいピッチングをして、自信がつきました。周りの人たちも期待してくれるようになったので、プロを目指して頑張ろうと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」