野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

速すぎて「意味がわからない」 ロッテ和田の超速スクイズ生還に審判もびっくり?

自慢の快足を武器に、驚きのプレーを次々に見せているロッテの和田康士朗外野手。30日に敵地・札幌ドームで行われた日本ハム戦でも驚きの速さで本塁に生還するプレーがあり、ファンの度肝を抜いた。

ロッテ・和田康士朗【画像:パーソル パ・リーグTV】
ロッテ・和田康士朗【画像:パーソル パ・リーグTV】

藤岡のスクイズで捕手の清水が打球を捕る前に本塁を駆け抜けた和田

■ロッテ 2-1 日本ハム(30日・札幌ドーム)

【動画】「意味がわからない」ほどの速さ! ロッテ和田康士朗が信じられない速さで本塁を駆け抜ける映像

 自慢の快足を武器に、驚きのプレーを次々に見せているロッテの和田康士朗外野手。30日に敵地・札幌ドームで行われた日本ハム戦でも驚きの速さで本塁に生還するプレーがあり、ファンの度肝を抜いた。

 ロッテが1点をリードして迎えた7回だった。先頭の菅野が二塁打で出塁すると、井口監督は和田を代走で起用した。中村奨の犠打で三塁に進むと、続く藤岡の3球目でスクイズを敢行した。

 三塁走者の和田は“ロケットスタート”を決めると、猛スピードで本塁へと突進。打球が捕手前に転がると、清水が打球を処理する前に本塁を陥れた。本塁に滑り込むことなく、悠々と駆け抜けた和田。まさかの“駆け抜け”に、ぶつかりそうになった球審が思わずのけぞるほどだった。

「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「わかっていても止められないスクイズ」として公開した動画はわずか半日で10万回再生を突破する注目ぶり。ファンからは「意味がわからない。速すぎ」「完璧なスタートというより、加速が凄すぎる」「早すぎわろた」「スピードがエグすぎる」「速すぎです」と驚愕のコメントが並んでいた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」